GISELe

2019/05/31

今、必要な「靴」を探す|海外スナップから見えてきた4つの傾向

GISELe編集部

「足元で差がつく技」まとめ

服の印象を大きく左右する靴は、スタイリングの完成度を上げるキーアイテム。定番のボトムとの組み合わせから旬のシルエットに映えるものまで、シューズで全体をうまく整えた、足元のテクニックを海外SNAPから厳選!

DENIM
ボトムよりトップスとのバランスを重視

どんな靴でもマッチする受け入れ幅の広いデニム。
ゆえに構築的なトップスの力を抜いたり、端正なシャツとのつなぎ役にしたり、トップスがよりまとまる靴選びに注力を。

「シャツも靴もクリーンな白」
ダメージデニムと隙のない白シャツ。まじめ・ふまじめのちぐはぐな上下も、ミニマルな白い靴が複雑さをそぎ、シンプルにまとめる。



「黒の迫力に負けないデザイン性」
存在感のあるカラーブロックのパンプスで、ボリューミィな黒トップスの主張を分散。細身のクロップトデニムを間に入れてすっきりと。



「緊張感を解く透ける足元」
カシュクールのような変型ショート丈ジャケット。フルレングスデニム×クリアサンダルのゆるい合わせで気負わず着られる。



「締めないことで女度上昇」
白とベージュのソフトな配色に黒小物だと力んで見えがち。ベージュスリッパの「ラクしてキレイな靴」で、適度にハズすのがベター。

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages  Design_Yuumi Arai(Ma-hGra)  Composition&Text_Mika Shirahige