GISELe

2019/06/22

海外スナップでわかった「プラス効果がある黒アイテム」【前編】

GISELe編集部

「美形な黒」に目を向ける

まとうだけで「品よくキレイ」がかなう黒。なかでも、体型カバーに効く・ボトムが映えるなどプラスの効果があるアイテムを厳選。SNAPから見えてきた、本当に使えるものとは?


Look 01 | OVER JACKET
ツヤ感ゼロのBIGジャケット
品格とメンズっぽさを両得できる、便利な黒ジャケット。“正装”のイメージにならず、適度な抜けをつくれるオーバーサイズが正解。

黒いジャケットとヒールパンプスを投入し、白のシャカシャカ素材の上下をクラスアップ。モノトーンを基調とした装いにアニマル柄のバッグが存在感を放つ。



Look 02 | MIDI SKIRT
ハリのあるプリーツスカート
プリーツ幅の広いデザインが、プリーツスカート特有のエレガントな雰囲気を緩和。ハリ感のある素材だと、クールな装いにもマッチ。

スカート同様、ハリのある白シャツを選択。質感と配色の妙により、正統な合わせも一気にモード顔へ。肌をなるべく隠すアレンジは、辛口に見せたいときに効果的。


Look 03 | SLEEVELESS TOP
鎖骨が美しくのぞくノースリ
こびない色を味方に、デコルテがしっかりのぞく服を試すのもいい。黒の細見え効果も手伝って、女らしい「オシャレな体」に近づける。

ボディラインを強調するセンシュアルな黒に、ワークパンツを合わせてカジュアルダウン。黒×アースカラーと色数をしぼれば、肌を見せても落ち着いた印象に。


Look 04 | SHIRRING BLOUSE
ニュアンスをそなえたブラウス
ランダムなシワ加工のように、全体に抑揚のついたブラウスもねらい目。重たく見えづらく、涼しいペールカラーとも好相性。

〈右〉しなやかなブラウスで、ドライなデニムを女性らしく演出。レオパード柄サンダルで整えて、甘口カジュアルにスパイスを。〈左〉ペールイエローのタックパンツを合わせ、レディな黒をさらに品よくアップグレード。大きなリボンつきミュールで気高さをIN。


Look 05 | STRIPED PANTS
ハンサムな黒×白のストライプパンツ
ほかの色だとカジュアルに転びやすいストライプ。モノトーンに限定すると、リラックスしたシルエットでも緊張感を保つことが可能。

〈右〉紳士みたいに、柄のセットアップを着用。鎖骨がのぞくインナーにビットつきスリッパと、ところどころ肌見せをして抜けをつくるのがコツ。〈左〉ずるっとルーズなトップスから、ピンストライプのパンツをちらり。視覚効果で、重いフォルムもどことなくスッキリ。
CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa