GISELe

2019/08/16

夏から取り入れて秋にも絶対使える「ブラウン」

GISELe編集部

「将来性はブラウンにあり」

今着たい、軽快なスタイルの中に1つ入るだけで深みが生まれる好都合な色・ブラウン。この先も確実に活躍が約束されているあたたかみのある色だから、「今欲しい」で選ぶことがあとあとうまくいく秘訣。今と先を満たすために必要なものも、「したい&できる」スタイリングのヒントも、ポテンシャルを秘めたあらゆるブラウンが教えてくれる。


(SKATER PANTS)
力まずキレイに直結する「美形なフォルム」

メンズライクなのにラフじゃない。美脚に導く切れ味のいいブラウン
ブラウンリブニットタンク 3,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) ブラウンスケーターパンツ 17,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ベージュハット(8月中旬入荷予定)37,000円+税/クライド(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店) ベージュショルダーバッグ 9,800円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) ワントーンの中で映える、ヴィンテージのトラウザーのような存在感。


Simple & Easy
「即効性のある単純なブラウンから」

夏の名残にもとけ込みやすく、今すぐスタイリングにとり込める。シンプルというより「簡単なブラウン」からスタートを。装いもひねらず単純さを貫くことで、深みのあるブラウンの価値をストレートに味わえるはず。


(THIN KNIT)
涼しいままに季節をまたぐ「透ける手前」

秋本番まで待たなくていいロンTのような快適さ
ブラウンリブニット 16,000円+税/HAKUJI(ブランドニュース) デニムパンツ 58,000円+税/リダン(ロンハーマン) ブラウンレザーベルト 8,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ブラウンコーデュロイトートバッグ 15,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ブラウンパンプス 19,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 新宿店)


(LINEN DRESS)
簡単にムードをつくれる「あせたブラウン」で

今の季節にちょうどいい。乾いたブラウンを潔く
ブラウンホールターリネンロングワンピース 32,000円+税/CLANE(クラネデザイン) ブラウンサングラス 34,000円+税/プロポ(プロポデザイン) ブラウントレッキングシューズ 32,000円+税/ビリビ(プラージュ 代官山店) 素肌にまとっても秋を感じられるのがブラウンの魅力。今季注目度の高いトレッキングシューズもブラウンを貫き、足元の重みでバランスをキープ。



Silhouette
「リアルタイムに響くそれぞれの形」

ブラウンありきで、好きなシルエットにあてはめる。ついラクできる形に偏りがちな今、手抜きに見えないブラウンの力に頼りたい。素材にもこだわればさらに完成度が上がるはず。


LONG & LAZY
気だるさを足すように「広がるガウン」
肌の上ですべるような、なめらかなガウンをレイヤード。まとわりつかず、テクニックいらずで優雅なシルエットを描く夏も定番だった「ゆるくて長い」1枚こそ、秋に振り切った色にこだわることに価値がある。

(GOWN DRESS)
なめらかな素材とストライプでこっくりした色を流すように
ブラウンストライプガウンワンピース 52,000円+税/POMANDERE(メゾン イエナ) グレーロンパース 49,000円+税/ebure ブラウンアメリカンスリーブタンクトップ 7,500円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) インナーはワントーン濃いブラウンでさりげないメリハリづくりを。


COMPACT & WIDE
Tシャツに映える「ぬくもりのあるワイドパンツ」
涼しいままにムードが変わることを理由に、季節の先取りは、「上より下から」変えるとうまくいく法則に従って、色も素材もひと足先にシフトチェンジ。ボトムの適度なボリュームで、ワントーンもぼやけない。

(CORDUROY PANTS)
「温度感」をブレンドしたシーズンMIXのワントーン
ベージュロゴTシャツ 9,000円+税/モノグラム(シティショップ) ブラウンコーデュロイパンツ 39,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 黒ショルダーバッグ 48,000円+税/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) 白シューズ 24,800円+税/サンルカ(ジャーナル スタンダード 表参道) 足元をラフな白にすることで、グラデーションがより生きる。


VOLUME & FLARE
ハードに見えない「レザーによるリッチなゆれ感」
重厚感が気になり、この時季は先送りにしがちなレザーボトム。黒ではなく、ブラウンにするだけで親しみが。なびくことで見た目の重さが軽減されるフレアスカートなら、今スタイリングに必要な重みとして重宝する。

(LEATHER SKIRT)
着慣れた白Tのムードを一新する特別なブラウンを
白Tシャツ 9,000円+税、ブラウンレザースカート 98,000円+税/ともにebure ブラウンコーデュロイキャップ 8,200円+税/Carne Bollente(k3 OFFICE) ベージュレザーフラットシューズ 33,000円+税/nagonstans 手始めにもっとも身近なトップス=白Tと。同じブラウンでも素材によってはやぼったくなるところ、風格のあるレザーならちょうどいい「攻め」につながる。

CREDIT: PhotographyShohei Kanaya(model), Koichi Sakata(still) Styling Makiko Iwata Hair&Make upMai Ozawa(mod s hair) ModelNiko Design Tomoki Fukuhara(Ma hGra) Composition&Text Chiharu Ando

RECOMMENDED