GISELe

2019/09/15

大人のファッションに今必要な 「ピンクの正解」

GISELe編集部

少女から大人の色に 「高貴なピンク」

かわいい色の典型だから、距離を置きたい時期も正直あった。いろんなファッションの遍歴を重ねた今、「自信を持って着こなす色」として、あらためてピンクを迎えたい。絶妙な色の微差、上質な手ざわり、美しいフォルム。自信につながる「高貴さ」を基準にすれば、今必要なピンクの正解が見えてきた。


HER PINK 01 ;
「いっそのこと贅沢な甘さ」

甘美な色と心地よい肌ざわりでプラスの効果を生む、風合いも長さも満ち足りたストールを。「着る」より前に、「巻く」ことから始めれば、淡いピンクもいっそうたやすい。

cashmere long stole
気持ちいいピンクをアバウトに巻く。計算のなさが強さにつながる

ピンクストール 36,000円+税/アソース メレ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) グレープリーツワンピース 19,908円+税/COS(COS 銀座店) ミドルブーツ 13,800円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) ざっくり巻くことでさらにボリュームのインパクトが増す地厚のストールは、「コート手前」のシーズンにも重宝。ロングドレスと長さをそろえるようにたらし、堂々たるIラインを形成。



HER PINK 02 ;
「飾らないからこその存在感」

スエットなど、いつもならベーシックな色で手にとりがちな日常着こそ、色の更新が劇的な変化につながるもの。カジュアルから遠い存在だったはかないピンクならなおのこと。

oversized sweat
力が抜けても、手は抜かない。ボーイッシュにまとうかわいい色

ピンクスエット 19,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) 中に着たTシャツ 16,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) キャメルパンツ 29,000円+税/ebure ネックレス 23,000円+税/カドー(カドー伊勢丹新宿店) バッグ(別注) 45,000円+税/ヤングアンドオルセン(フレームワーク ルミネ新宿店) パンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ソックス/スタイリスト私物 きゃしゃに見える、余裕のあるサイジングも重要。



HER PINK 03 ;
「チャーミングかつインテリジェンス」

知性あふれるパリッとした白シャツもいいけれど、親近感も欲張りたいときには、やさしい色への切り替えが有効。ソフトなコットン素材がさらに親しみやすさへとあと押ししてくれる。

cotton shirt
端正なスーツに寄り添いながら無邪気さも含むピンクのエスプリ

ピンクカットオフシャツ 32,000円+税/フランク&アイリーン(サザビーリーグ) ネイビージャケット 27,000円+税、ワイドパンツ 17,000円+税/ともにMylanka ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 品のあるピンクにカットオフがほどこされた古着のような風合いで、機転のきいたシャツとして大人に似合う1枚に。濃紺とのコントラストも美しい。



HER PINK 04 ;
「切っても切れない黒い相棒」

いつだって「ピンクで迷ったら黒の出番」。ピンクには高級感を、黒には女性らしさをもたらす相互扶助の関係性。せっかくなら、身近な色・黒に新しさを求め、鉄板配色の中で賢くマイナーチェンジを。


+ lady black
色も素材も柔和なニットにはクラシックな黒が似合う

ピンクニット 17,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 新宿店) 黒フェイクレザータイトスカート 8,980円+税、ヘッドバンド 1,480円+税/ともにMOUSSY (バロックジャパンリミテッド) 黒レザーをマイルドに見せるピンクの効果。


+ minimal black
あいまいなピンクとコンパクトな黒のいい関係

ローズピンクスエット 27,000円+税/オー プロジェクト(プーオフィス) 中に着たタートルネックカットソー 18,000円+税/ザ ダラス(ザ ダラス ラボ.) 黒ショートパンツ 6,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) ピアス 12,800円+税/baebae(アイクエスト ショールーム) ショートブーツ 45,000円+税/ELIN(クルーズ)

CREDIT: Photography_Saki Omi(io) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Kyohei Sasamoto(ilumini) Model_Natalie Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando