GISELe

2019/10/22

センスがいい人は知っている「黒、白、ブラウン、ベージュ」の効能

GISELe編集部

「こう着る」想定の組みかえも簡単

万能な黒と白、色だけで今年らしさを物語るブラウン、その3色にニュートラルな気品をもたらすベージュ。1色だけでも頼れる色をブレンドすることで起きるプラスの効果。この4色だからできること。この4色だとさらにいいこと。「正確性」で選ぶなら、これらの色以外にありえない。


色をしぼる→モノをしぼる
>> 考えずとも「組みやすい」
「こう着る」想定の組みかえも簡単

限られたワードローブをもとに、シチュエーションに沿って着まわしを決行。しぼられた色の中で、さらに選ばれた価値あるアイテム。シーンや目的に合わせた組みかえを実現させることで、4色の意義をあらためて感じられるはず。


「4色だから◯◯すぎない」
□目立たず埋もれずの4色だから、いい意味で「どっちつかず」

地味じゃないけれど、目立つわけでもない。そんな特性を生かせば、直球すぎないスタイリングも可能に。+αの工夫が欲しい、4つのケースにあてはめて検証。


「レトロすぎない」
モノはリアルに、配色だけでタイムスリップ
こっくりとしたブラウンに黒を合わせた、クラシックなツートーン。シルエットは極力ミニマルにそぎ落とすことで、新しいのになつかしい、両極のよさをクリアできる。

シックな黒のムードが変わるブラウンの効能
黒タートルネックプルオーバー 16,000円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) ブラウンコーデュロイパンツ 7,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 黒カットオフスエット 7,400円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) サングラス 34,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(CULFAR) バッグ 58,000円+税/FLYNN(スタニングルアー 青山店) ショートブーツ 10,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 白ブーツで抜け感を。


「カジュアルすぎない」
配色次第でボーイッシュの域を超える
色によっては幼く見えてしまうこともあるボーダートップスとハーフパンツの組み合わせ。ソフトな配色ボーダーと黒なら、「大人に似合う遊び」に変わる。

スタイルUPも見込めるウエストマークのひと手間
黒シャギーニットトップス 21,000円+税/アンタイトル エッセンシャルクルー 黒タックハーフパンツ 24,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) ブラウン×ベージュボーダートップス 19,000円+税/ザ・ニューハウス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ショートブーツ 12,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) カジュアルな日こそ、スタイルよく見せるための工夫が必要。シャギーニットを腰巻きすれば、腰位置が高く見えるうえ、ワンツールックに新鮮味が加わる。


「コンサバすぎない」
クセのある白で清楚だけに終わらない
正統派の白はシャツだけにとどめ、ボリューミィなストールと光沢スカートで個性を演出。黒ニットをはさんだまじめさが、かえってほほえましい。

シャツとプリーツスカートの品性に甘え、小物で遊ぶ
黒タートルネックプルオーバー 16,000円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) 白ステンカラーシャツ 29,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ベージュフェイクレザープリーツスカート 12,500円+税/EBLOA(バロックジャパンリミテッド) 白フリンジストール 79,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 眼鏡 28,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(CULFAR) ショートブーツ 12,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) おかたい眼鏡や柄ブーツなど、小物で遊べるのも安定感のあるスタイリングが軸だから。


「モードすぎない」
レザーをまとっても気張って見えないブラウンの力
黒や白だとストレートにモードなところ、ダークブラウンにおさえることでレザーの表情がゆるむ。黒はポイントづかいだけにとどめ、強さを分散させるとうまくいく。

レザーとニット。相反するテクスチャーでリズミカルに
ブラウンニットパンツ 14,000円+税/アクアガール(アクアガール丸の内) 黒タートルネックプルオーバー 16,000円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) ブラウンノーカラーチェックジャケット 59,000円+税/ジェーン スミス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ブラウンレザートップス 35,000円+税/THE NEWHOUSE(アーク インク) ショートブーツ 27,000円+税/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ここでも黒タートルの「整える力」を証明。さらにハンサムなジャケットを肩がけすれば、ブラウントーンに威厳さえ感じさせる。


CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Tess Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando