GISELe

2019/10/31

秋ファッションに不足がちな「肌のツヤ感」を補う5つの方法

GISELe編集部

「服を生かす」メイク

これから着たいファッションの方向性は決まった。では顔まわりは?顔まわりのワンパターン化に歯止めをかける、メイクTIPSにフォーカス。何度も繰り返した見慣れたメイクに新鮮さをもたらすきっかけは本当にちょっとした発想の転換だったりするもの。


肌をよりよく見せるためのツヤ感

ニットやコーデュロイ、スエード。ドライな風合いの服が増えるこの時期、足りないツヤは肌が補うとちょうどよくバランスが整う。


(01)
□肌がツヤの役割になる
よけいな飾りはいらない

顔まわりやデコルテ、背中。見せる面積は小さくても効かせる要素として十分機能する肌。「整っているか否か」は秋冬も引き続き、印象を決定づける大きなファクターになりうる。


(02)
□土台=肌に旬を求めるならば
「しとやか」な肌
「手をかけず」かつ「手が込んだふう」が肌トレンドの主流。もろもろ即座に手に入るクッションファンデ人気は継続。「薄膜」「湿度高め」、この2枚看板アイテムに人気は集中。


ファミュ エバーグロウクッション ナチュラルベージュ SPF23・PA++ 4,600円+税/コスメキッチン 肌にうるおいの薄膜を形成。


黒ニットプルオーバー 13,000円+税/FRAY I.D ルミネ新宿2店


(03)
□Anytime, Anywhere
これさえあれば足りる
大げさなツヤが欲しいわけじゃない。「ツヤ未満、スキンケア以上」を押さえつつ、ついでにマインドも癒されたいなら。全方位型コスメとして常備したいのがマルチバーム。


ボーテ ド オペーク マルチバーム ローズ&イランイランの香り 18g 1,400円+税/オペーク ドット クリップ 全身に使える。


お守りになるユーティリティアイテム

保湿にお直しに。いつでもどこでもササッと使えるマルチバームはアガるデザイン、香り、サイズ感にもこだわりたい。

CREDIT: Photography_Yusuke Raika(aosora_model), Yoshihito Ishizawa(still)Hair&Make-up_ Akemi kibe(PEACE MONKEY)Styling_Chisato Takagi Model_Vassa Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra)Illustration_Mari Kashiwagi Composition&Text_Wakana Akiya