GISELe

2019/11/10

スタイリストが教える「明日から使える新鮮着こなしワザ」19選

GISELe編集部

「いいとこ取り」のネタまとめ

新たなシーズンになり、着方やとり入れるアイテムの気分が変わる。そこで、GISELeの人気スタイリスト樋口かほりさん、岩田槙子さんに、奇をてらわず旬に導くテクニックを総力取材。定番アイテムでのアレンジ術や旬色をバランスよく着る手段など。明日役立つワザをまとめてご紹介。


シンプルだからできる「足さない遊び」

ボタンを上までとめてみたり、すそを片方だけ出してみたり。身にまとった服でアレンジする「さりげないハズし」ぐらいが、シンプルな服にはちょうどいい新鮮味に。


「ボタンをとめてくずさず着る」

上までボタンをとめて、シャツを正統に着るのが目新しい。ウエストもINして、足すのではなく、そぎ落とすことで変化をつけたテクニックもオシャレ。(樋口さん)


「ジャケットははおらず“かける”」

直球で女性らしいツイードジャケットは、デニムなど男の子っぽいボトムと合わせると気張って見えがち。肩がけした「てきとう感」で、気楽な雰囲気をかもし出すとバランスがよくなる。(樋口さん)


「そでをギュッと上げてボリュームアームを形成」

たくし上げてつくった立体的なそでが、かっちりとしたジャケットをモードに転換。今はオーバーサイズのものが多いので、そで部分を重くしてもインパクトが出すぎることもない。(岩田さん)


「すその片側だけウエストIN」

定番になりつつあるワントーンスタイルも、すそをINとOUTした、「ちぐはぐさ」でぐっと新しく感じる。小物を黒で統一したまとめ上手なところも参考になります。(岩田さん)


「そでからトップスをのぞかせる」

黒ニットのそでをジャケットからのぞかせて、黒を小さく分散させると全体がさらに整った印象に。奥行きが生まれ、淡い色のセットアップものっぺりしない。(樋口さん)


「パンツにしまってジャケットから別顔に」

トップス的にジャケットをタックINした着方が斬新。ハンサムな上下なのに、ざっくりと開いた胸元で、すごく女性的。(岩田さん)

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige