GISELe

2019/11/10

「かわいい」を簡単につくる|ちょっとした着こなしのヒント8選

GISELe編集部

「いいとこ取り」のネタまとめ

新たなシーズンになり、着方やとり入れるアイテムの気分が変わる。そこで、GISELeの人気スタイリスト樋口かほりさん、岩田槙子さんに、奇をてらわず旬に導くテクニックを総力取材。定番アイテムでのアレンジ術や旬色をバランスよく着る手段など。明日役立つワザをまとめてご紹介。


「かわいい」をつくるひとテクまとめ

安定感のある組み合わせに個性をとり入れたり、おなじみのアイテムで着方を更新したり。ちょっとした変化で高感度に引き寄せる工夫を、GISELeのバックナンバーから総ざらい。


1.PLAY BLACK
「遊び心は足元でさりげなく」

シャレっ気を足すワンポイントも服だと目を引きがち。靴下など足元でそれとなく投入するぐらいが、全体が子どもっぽくなりすぎず試せる。(樋口さん)


2.LUXE&EDGY
「クラシックを盛る」

ツイードパンツとチェック。トラディショナルなデザインをプラスしていくのが、今を体現できるひとテク。柄と素材など違う要素ならしつこさなし。(岩田さん)


3.UPDATE FORM
「ハンパ丈なトップスをOUT」

トップスはウエストINしがちですが、あえて出すのも手軽に鮮度を上げるコツ。ラウンドカットしたすそはOUTしてもバランスよく整うものをチョイス。(岩田さん)


4.SENSUAL RELAX
「あたたかい素材と肌感」

肌感が強いトップスをストールで包んだ、隙のある表情がこなれて見えます。肩落としなどアレンジ次第で見え方を変えられるのもストールの魅力。(樋口さん)

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige