GISELe

2019/11/28

ニットワンピースを着まわす|おすすめは「ベージュのハイゲージVネック」

GISELe編集部

「締めつけないニットワンピース」

スカートと同様にニットワンピースも、肉感を拾ったり、膨張したりしない形や素材を選ぶことで、1枚はもちろん、アレンジしたときにも美しい姿が実現可能に。冬の間じゅう楽しめる、選びと活用術を指南。


この1枚で「○○したい」

中に仕込んだり、上からはおったり。多彩な着方も「しっくりくる」ニットワンピの選び方と組み合わせのテクニックを披露。


「ベージュのハイゲージVネックワンピース」
ゆとりのあるシルエットでもきちんと感が出せる、目のつまったしなやかなハイゲージ。開きすぎずつまりすぎない適度なVネックなら、インナーを着たときもバランスがとりやすい。
□ボトムの重ね着も楽しめる、やや短め&スリット入り
□ソフトなベージュなら重量感も軽減

ベージュVネックニットワンピース 30,000円+税/nagonstans


STYLE 01:ONE TONE
「似た色を重ねて凝った1枚系風に」

上にカーデをはおって、すそからロンスカをチラリ。トーンの近い色でそろえて、重ねたものがワンピになじむよう意識すれば、過ごしやすい持ち味のままリズムがつき、さりげない個性を上乗せできる。

色も質感もワンピに寄せたレイヤードで
シンプルな1枚に奥行きを加算

ワンピースは着まわし。ニットカーディガン 49,000円+税/アール ジュビリー(RHC ロンハーマン) スカート 39,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) バッグ 15,000円+税/MARROW(MIDWEST) フラットパンプス 24,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクアイーレ店) 足元のレオパード柄がワントーンのメリハリ役に。


STYLE 02:RELAX MONOTONE
「小さな黒で見た目を穏やかに引き締め」

淡いベージュのワンピに、小物やボトム、インナーの柄の一部で黒をとり入れたまろやかなモノトーンで、ワンピの間のび感をセーブ。黒の面積が少なめなら、重く&強く見える心配なし。

ポイント的にちりばめた小さな黒で
ニュアンシーなベージュをシャープに転換

ワンピースは着まわし。ボーダーワッフルカットソー 2,700円+税/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) 黒パンツ 28,000円+税/FLORENT ハット 9,990円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) バッグ 13,000円+税/FILL THE BILL(4K) ブーティ 8,900円+税/RANDA 巾着型のバッグでラフな抜け感をプラス。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto(TRON)Model_Katya Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi