GISELe

2021/11/11

着回すのは「腰から上」:最小限アイテムで10スタイルの実例

GISELe編集部

明暗を分ける「重ねの秘訣」

2枚、3枚重ねることでスタンダードなニットも新鮮味が増し、着方の幅も広がる。そんな一石二鳥の重ね技をまとめてお届けします。


「腰から上」の着まわし実例

スタンダードなボトムを想定し、「腰から上」のパターンを増やす方法をご紹介。同じ服でも新たな顔。そんなトップスどうしの組み合わせをかなえる、最小限アイテムを選抜。


PICK UP ITEMS

1_タイトすぎないタートル

中にタートルやシャツを入れてもちょうどいい、ネック部分も細すぎないシルエット。


2_ゆったりとソフトなはおり

コーディネートをマイルドに引き締める、ベージュとブラウンの間のような色み。横幅&丈が長めの、体を包み込むようなサイジングを選択。


3_カットソー風シャツ

ニットの中に仕込んで重ね着用として活用したいこれからの白シャツ。


4_深く開いたネックライン

レイヤードの主役になるVネックは、配色の幅を視野に入れグレーをチョイス。


5_細身のベージュ

とろみ素材のコンパクトなタートルネック。ヌーディな色だと、インナーづかいでもエレガントさを足せる。


6_締まる色でメンズトップス

オープンカラーで首まわりに重ねても重くない。ゆったりめのシルエットで羽織りものとしても活用。


7_モノトーンの柄

白黒のボーダー柄が、カジュアルなエッジを加算。肩にかけたり巻いたり、羽織りもできるカーディガンを採用。


8_ほっそりとした飾り

シンプル&シックなアクセサリー。レイヤードの完成度を上げるネックレスとベルトを。



【10 PATTERN STYLE】


1-IN BLACK
【首まで黒でおおう】

【着回したアイテム】1 + 4
黒のタートルニットを中に着て縦のラインを強調。大きく開いたVネック&ゆったりした身ごろのニットとだから、肉厚な黒もかさばらない。クラシックな黒の帽子がクラス感をUP。



2-ON BORDER
【シャープな柄を部分づかい】

【着回したアイテム】6 + 7
それだけで締まる黒いシャツ。肩がけした白黒ボーダーで抑揚をつけると、重厚感が緩和されて、軽やかさも手に入る。コントラストの強い色でキレのよさも維持。



3-LITTLE WHITE
【顔まわりに飾り気を足す】

【着回したアイテム】3 + 7 + 8-B
白シャツをのぞかせたり、パールネックレスを重ねたり。首元を盛ることで目線が上がり体をほっそり映せる。ボーダーニットの主張のある柄で、より引き締めて。



4-GRADATION
【色みを合わせてウエストをしぼる】

【着回したアイテム】2 + 5 + 8-A
内から外へ色みを濃くするグラデスタイルは、体のラインに奥行きをつくるひとテク。さらに同系色のベルトでウエストマークして、女性的なシルエットを強調。



5-DOUBLE NECK
【タートルの中にタートル】

【着回したアイテム】1 + 5
黒&淡いベージュの、異なるトーンのタートルトップスをレイヤードしてメリハリを。ゆったりめと細身、サイズ感に差をつけることで同じ形でも窮屈にならない。

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED