GISELe

2020/01/02

やっぱり間違いない! 無難にならない「理由のある黒コート」9選

GISELe編集部

とっておきの「主役を張る黒」

いつ着ても許される色だからこそ、今必要な1つを見極めるのは難しい。万能さはわかったうえで、新たに求めるのは「主役」となれる存在感。「あるといい」ではなく「なくてはならない」、価値のある黒だけを。


ALL-PURPOSE
「黒いコートに新たに求めることリスト」

トレンドというわけでもないし、たまには違う色を着てみたい気持ちもある。とはいえやっぱりコートとなると黒を選べばまちがいない。そんな葛藤にケリをつけてくれる説得材料のそろった9着をピックアップ。


SHIRT-LIKE
「ぬくもりあるシャツのような親しみ」

カシミヤコート 150,000円+税/ヴァシュモン(エディット フォー ルル) ある意味コートらしくないシャツのようなディテール。ゆったりとしたフォルムで重ね着も快適。


DRESS COAT
「ドレスコートといういい響き」

共布ベルトつきフレアコート 29,000円+税/Lily Brown(Lily Brown ルミネエスト新宿店) きちんとした場こそ黒コートの出番。フロントを閉めてワンピのように装いたい。


U¥20,000
「いろんな意味で手が届く」

そもそも惹かれる黒いコートは、やさしいプライスなら一気に「本命」に浮上する。着てみたかったものを試すチャンスをくれる10,000円台の優秀コートを厳選。


「2WAYでもあるデキる黒」

¥16,900+tax
ベルトつきVネックコート 16,900円+税/RANDA 単体でコートとしても使えるボアライナーに、Vネックの中綿コートを重ねた2WAY。きゃしゃなベルトもアクセント。


「1つあるといいベーシック」

¥14,990+tax
共布ベルトつきウールコート 14,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) きちんとした場面に、トレンド色の強いコートはやや不向き。「黒で定番」の安定感に頼って。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model), Yuki Ueda(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Naty Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando