GISELe

2020/01/05

デニムの着まわし! ニットのそでは「長く・ゆるく」が正解

GISELe編集部

ニットのそでは「長く・ゆるく」

毎日のように着るものだから、まだまだ増やしたいニットのバリエーション。これからねらうなら、肩ひじ張ることなく着映えするうえに、きゃしゃ見せできたり、ボトムとのバランスがとりやすかったりと多くの利点を秘めたそでのボリュームに着目を。穏やかな今の気分にフィットする、着やすく合わせやすいものだけを選抜。

着まわしたジーンズ 19,000円+税/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン)


01_「首元高めのざっくりめ」
着映えに有効な「アームの重み」

高さのあるネックやゆるやかな編み地に、さらなるボリュームをもたらすだぼっとしたそでのフォルム。着るだけで「映えるニット姿」をメイク。


No.1
ふっくらとしたニットを優美に色づいたピンクでやさしく女性らしく

ピンクケーブルニット 53,000円+税/アイ ラブ ミスター ミトンズ(エディット フォー ルル) 全体的に丸みのある曲線的な形もショート丈ならすっきり。フロントの大きな縄編みがアクセント。


No.2
包容力のあるビッグなシルエットとの相乗効果で脱力感を簡単に演出

ブラウンオーバーサイズニット 17,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ドロップショルダーと長めのスリーブでリラクシーなたたずまいに。高さはあるけど抜けたネック部分も好都合。


No.3
わずかに入ったスリットがワイドスリーブに適度な軽さをもたらす

グレーリブニット 22,000円+税/プラージュ(プラージュ 代官山店) スマートなリブ編みなら、ローゲージでもカジュアルすぎず端正なムードに。そで口のスリットからのぞく手首がセンシュアル。


No.4
つかず離れずの計算されたゆるさでボディラインをカバー

ブラウンニット 18,000円+税/jakke(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 首とそでがたるむ程度の、ほどよい余白。けば立ちの少ないしっとりとした風合い&濃ブラウンなら上品。


No.5
ボリューミィでもしゃんと見える品格漂う厚みとハリ感

アイボリーリブニット 38,000円+税/BATONER ネックの立ち上がりやストンと伸びるストレートアームなど、ニットでありながらどこか直線的なルックスが新鮮。シャープな印象へ自然と誘導。


No.6
ぽわんとふくらんだそでの丸みで定番の黒に遊びゴコロをプラス

黒ケーブルニット 10,900円+税/カージュ(カージュ ルミネエスト新宿店) 立体的なケーブル編みとたゆむそでで黒ニットがリズミカルに。そで以外はボリュームをおさえることで、メリハリが誕生。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Aoi Nagasawa Model_Viktoriia Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi