GISELe

2020/02/15

スタイリスト厳選|参考にしたいコレクションモデルの着こなし20

GISELe編集部

「明日着る」最新アイディア

2020年春夏のコレクション会場に集結した、ファッショニスタたちの装いをリポート。今すぐ参考にできるトピックスを、GISELeのスタイリスト陣が解説します。


「モデル流・ベーシックスタイル解剖」
ゲストたちのひかえめシンプルな装いとはうって変わって、自由な感性でオシャレを楽しむモデルたちに密着。新たなインスピレーションとなりうるSNAPを、スタイリストとともに選抜!


ADDICTED TO MONOTONE
「多様性のあるモノトーン」

モデルの私服といえばモノトーン。黒一色もしくは白と黒の2色しか使っていないのにもかかわらず、個性があふれる。

TAKAGI’s select
ウエスタンムードの漂う白と黒の重ね着。ロングブーツで整えたことで、一気に今風に。

1.ボリュームワンピとハンパ丈ジレの高感度なレイヤードも、モノトーン配色なら落ち着きが。



DEGUCHI’s select
ヒールやブーツではなく、ボリューミィなスニーカーが、ハードな黒のハズし役に最適。

2.レザーシャツを主役にしたハンサムな着こなし。白スニーカーをハズし役に抜擢。



3.適当にひっかけたようなレザーバッグとナップサックのWづかいで、ミニマルな黒の上下に遊び心をメイク。


TAKAGI’s select
黒一色だけれど、素材感でちゃんと強弱をつけているところがオシャレ。シューズも好み。

4.BIGサイズのジャケットの下に、端正なシャツとスラックスをコーディネート。ストリートライクな着方が多い中、きちんと感が漂う黒が新鮮。



5.コンパクトなジャケットから、複雑なテーラリングのインナーをちら見せ。黒一色に白い小物と赤毛が映える。

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa