GISELe

2020/02/13

「新たなメイクルーティン」2選|黒ハイネックニットやベージュコートに最適!

GISELe編集部

MORE VARIATIONS

服を足さずとも鮮度アップにつながる顔まわりのパターンを再考。つい合わせてしまう組み合わせを見直す。色やこなし方、位置で緩急をつける。色はそのまま、質感だけを置きかえる。あえてのワンパターン…。ベーシックなメイクパターンの延長で「ちょこっと目先を変える」わずかなアップデートの威力にフォーカス


NOW ←→ NEXT MAKE-UP
「先へつながる」色選び
つい着てしまう組み合わせでパターン化されていくスタイリング。好みのバランスはそのままに、飽きずに着る工夫をするならば。顔まわりのほんの少しの色の置きかえと発想の転換で服が見違える、新たなメイクルーティンをまずは2パターン。


Charm point on the profile
「横顔コンシャス」

パッと見の印象はふつう。よく見ると「何か違う」くらいの小さな違和感だから都合がいい横顔のチャームポイント。存在感があるのにとっぴじゃない。バランサーの役目をはたすのは要所に仕込んだ強いピンク。さし色をグリーン1色にしぼらず、ほどよく分散させるつなぎとなることで、おのずと落ち着く。

黒ハイネックニット 24,000円+税/CLANE(クラネデザイン) ネイビーパンツ 18,000円+税/AIGLE(エーグルカスタマーサービス) レオパード柄スカーフ 1,100円(税込み)/原宿シカゴ 表参道店


 SELECT POINT 
□着慣れたニットが華やぐ「大げさな色」
□見慣れない色と日常をつなぐ色

A_ルナソル グラムウィンク フロスト 05 3,200円+税/カネボウ化粧品(1/10発売) モイストマットなブルーグリーン。B_ザ アイシャドウ L 155(限定色) 2,000円+税/アディクション ビューティ(1/3発売) 新緑のようなグリーン。C_ディオール バックステージ ロージー グロウ 001 4,700円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール(1/1発売) 心浮き立つモノグラム刻印。D_N-ルージュ 114 4,000円+税/カネボウインターナショナルDiv.(2/7発売) 絶妙な赤みのバランスで肌色から浮かない設計。E_ディグニファイド リップス 32 3,200円+税/セルヴォーク(1/10発売) マット以上ツヤ未満の絶妙な生っぽさ。
※モデルのメイクにはA,C,Eを使用。


---HOW TO MAKE-UP---
【ITEMS】

A_ボーム エサンシエル ゴールデン ライト(数量限定色) 5,500円+税/シャネル 砂漠の太陽を受けたようなヘルシーな輝きを肌に再現。B_ディオール バックステージ ロージー グロウ 001 4,700円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール(1/1発売)C_ザ アイシャドウ L 155(限定色) 2,000円+税/アディクション ビューティ(1/3発売)D_ディグニファイド リップス 32 3,200円+税/セルヴォーク(1/10発売)


【PROCESS】
BEFORE



PROCESS 1_USED C

1.ライナーもマスカラもなし。目の横幅を広げる感覚でグリーンのシャドウCを小さく目尻の三角ゾーンに入れるワンアクセントだけ。


PROCESS 2_USED B

2.1の真下にマットなピンクチークBを小さな丸形に入れる。


PROCESS 3_USED A

3.ブロンザーA2の外枠に重なる位置からこめかみに向かってななめに入れて、ピンクの甘さをゆるめる。


PROCESS 4_USED D

4.ルージュは着慣れた黒ニットと見慣れないグリーンシャドウをつなぐ青みピンク。ザッとひと塗り。


PROCESS 5

5.大げさな色を小さく重ねて横顔にインパクト。


FINISH


CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma (model), Koichi Sakata(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Styling_Chisato Takagi Model_Kim Design_ Arai Yuumi(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya