GISELe

2020/03/13

黒ニットに合わせるべきメイク|定番アイテムだから簡単に試せるおすすめカラーとは?

GISELe編集部

MORE VARIATIONS

服を足さずとも鮮度アップにつながる顔まわりのパターンを再考。つい合わせてしまう組み合わせを見直す。色やこなし方、位置で緩急をつける。色はそのまま、質感だけを置きかえる。あえてのワンパターン…。ベーシックなメイクパターンの延長で「ちょこっと目先を変える」わずかなアップデートの威力にフォーカス


DECORATION IDEA
「週3ニット」を飾るなら
週に何回でも繰り返し着たい、ユニフォーム的な黒ニット。そのスタイリング×顔まわりの更新パターンを「オレンジメイクしばり」でナビゲート。飾れるポテンシャルの高い黒ニットに乗じれば見慣れぬトーンや質感があっけないほど簡単にこなせる。


Neon Orange
「黒が持つ包容力に甘えて臆することなくネオンカラー」

素肌に潔くカーディガンを1枚。「肌でこなす」ニットの抜け感はそのままに、アクセサリーがわりにネオンオレンジをひとはけ。冬の澄んだ空気と陽気な色、コントラストは強いほどいい。

黒カーディガン 16,000円+税/ソブ(フィルム) ダークグレーパンツ 14,000円+税/パブリックトウキョウ 渋谷店 黒カチューシャ 1,000円+税/アネモネ(サンポークリエイト)


【ITEMS】

A_ラ ラッククチュール 124(限定色) 3,200円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ(1/10発売) エネルギーに満ちた太陽のようにフレッシュなコーラル。B_RMKカラーユアルックブラッシュ 02(数量限定) 3,500円+税/RMK Division(1/3発売) にじみ出るようなハッピー感を生むピンキッシュオレンジ。


【PROCESS】
BEFORE



PROCESS_USED A , B

チークBは鼻をまたいだ平行横長の日焼け風。冬の冷たいチークにほてったほおのパラドックスが着慣れたニットの鮮度アップにつながる。ネイルにはトーンを合わせた鮮烈なオレンジA


FINISH


CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma (model), Koichi Sakata(still) Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Styling_Chisato Takagi Model_Kim Design_ Arai Yuumi(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya