GISELe

2020/03/31

「デニムが似合う人」とは?|あなたのデニムをよりよく見せるために必要なこと

GISELe編集部

「デニムによる、デニムのための服」

服の中でも「デニムが似合う人」という表現は、例外なくほめ言葉にあたると思う。デニムにはそんなポジティブな魅力と、かわりのきかない何かがある。だからこそ、あらためて「素敵なデニム姿」だけに焦点をあてたい。理由はあとからついてくる。デニムをよりよく見せるためのインスピレーション。


「更新をとげた新しいデニム」

はき尽くしてきたデニムだからこそ、「今季ならでは」の視点で探す。大げさな新しさよりも、いつもの延長でためせるぐらいの微差なら失敗しない。


HALF PANTS
「デニムにも及ぶハーフ丈の勢い」
ハーフパンツが再注目される今季、早くもデニムにもその波が。デニム素材なら、ありがちなコンサバ感もなく新鮮。まずは黒ニットに添えた、単純明快な着こなしからスタート。

「丈は目新しく、色みは見慣れたブルー」でマイナーチェンジ
黒タートルネックニット 8,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) デニムパンツ 23,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) ベルト 9,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) パイソン柄バッグ 11,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) サンダル 34,000円+税/JANE SMITH(UTS PR)


CENTER CREASE
「スラックスのようなセンタープレス」
脱力感のあるブリーチデニムと見せかけて、センタープレスがほどこされることで、カジュアルな中に洗練された印象が。わずかなフレアとフリンジのすそなど、細部にもこだわりが光る。

スタイルUPを見込めるハイウエスト&センタープレス
ネイビー×白ボーダートップス 8,800円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ライトブルーカットオフデニムパンツ 18,000円+税/イエナ ラ ブークル ショルダーバッグ 39,800円+税/OSOI(UTS PR) ローファー 14,900円+税/A de Vivre わずかなデニムのマイナーチェンジによって、王道のボーダートップスの気分転換にも成功。


HIGH SLIT
「スリットによる計算いらずの抜け感」
鋭いスリットが目を引く、切れ味のあるNEWフェイス。シンプルなトップスはもちろん、ロングトップスを重ねてすそからのぞかせるぐらいのアピールから始めるのも手。

シャープなデニム姿を保証するワンツールック
ライトピンクスリットロングシャツ 18,000円+税/ウォーレン スコット フォー RHC(RHC ロンハーマン) インディゴデニムパンツ 23,000円+税/ジョーズ・ジーンズ(エドウイン・カスタマーサービス) 眼鏡 40,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eye’s Press) サンダル 28,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店)


WAIST DESIGN
「凝って見えるウエストのズレ」
腰まわりをカバーしつつ、ベルトいらずの完成度を保てるラップボトムのようにユニークなウエストデザイン。トップスINにも自信が持て、着こなしの幅がまた広がる。

ミニマルな装いにこそ映えるウエストの「いい違和感」
ネイビーテーラードロングジャケット 59,000円+税/ebure ネイビーカシミヤニット 43,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) ブルーリメイクデニムパンツ 12,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) サンダル 21,000円+税/コルソ ローマ(メゾン イエナ) プレーンなニットやシャツをINするだけなのに、ウエストデザインのおかげでモードな表情に。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Yoshihito Ishizawa(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Gabrielle Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando