GISELe

2020/04/11

使えるのに新鮮! ベージュと白の間の「あいまいさ」が生むスタイル10選

GISELe編集部

「ベージュと白の間をとる」

白ほどクリアではなく、ベージュよりもフレッシュ。そんなどっちつかずの色だから、色自体の魅力も、服との相性も何倍にも広がる。新しさを試すきっかけ、スタイリングのヒント、「いつもと同じ」からの脱却。すべては色の「あいまいさ」をプラスにとらえるところから始まる。


warm 01
「あたたかみがあるから」
冬から春へのスライドがたやすい

ぬくもりのある白は、あたたかさを維持しながらリフレッシュしたい今の季節に、この上なくフィットする色。ざっくりと編まれたなめらかな質感のニットなら、色みに加えて風合いでもその気持ちを満たしてくれる。

Ecru Knit
ニットのぬくもりがよりきわ立つクリーンなシャツのレイヤード

エクリュドルマンニット 27,000円+税/GALERIE VIE(GALERIE VIE 丸の内店) 白シャツ 40,000円+税/ミスター イット(ジャーナル スタンダード 表参道) 細身のボトムが似合う、ゆったりとしたプルオーバー。わずかにのぞくインナーの白シャツがアクセント。


mild 02
「穏やかに見えるから」
特別感も手にしやすい

マイルドな印象を与える色だから、いつもより少し大胆な服でも主張が強くない。ダイナミックにゆれるドレスとの距離感も、落ち着きを感じさせるエクリュが縮めてくれる。

Flared Long Dress
真っ白だと気後れするドレスこそトーンを下げて日常に引き寄せる

エクリュワンピース 58,000円+税/ebure 白ストール 42,000円+税/A SAUSE MELER(フレームワーク ルミネ新宿店) ベージュネックレス 13,000円+税/キャッツ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) スニーカー 6,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 色の性格に甘えて、躍動感のあるリネンドレスに同系色の大判ストールを添えてさらなる迫力を。


neutral 03
「都合よくなじむから」
色を試すきっかけをくれる

メリハリが生まれつつ、コントラストがつきすぎない色だから、意外な色ともしっくり合う。たとえば鮮やかな赤いカーディガンと。第一印象で惹かれた色の魅力さえ高めてくれる。

+ Red Knit
上品だけにとどまらない愛嬌のある配色の妙

赤カーディガン 28,000円+税/CABaN(キャバン 代官山店) エクリュワイドパンツ 12,000円+税/N.O.R.C ベージュトートバッグ 37,000円+税/ORSETTO(フレームワーク ルミネ新宿店) ブラウンパンプス 54,000円+税/バリン(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) パンツはデニムのようにドライな風合い。コンパクトなカーディガンとハイウエストパンツでスタイルUPも同時にねらえる。


smooth 04
「白にさえなじむから」
真っ白なシャツとも親しめる

はっきりしないトーンは、潔い白のよさにも気づかせてくれる。クリアなシャツとクリーミーなパンツ。合わせることで、それぞれの強みが生きてくる。

Crisp White + Creamy White
ワントーンの中で「強さとやさしさ」を半分ずつ

白ドレープシャツ 36,000円+税/ENFOLD ベルトつきアイボリーパンツ 29,000円+税/ル ディセット セプトンブル(アダム エ ロペ) ハンドバッグ 14,000円+税/ebure ブラウンサンダル 17,000円+税/DES PRES JVAM(デ・プレ) モード感の強い白シャツには、リラックスできるパンツを添えて親しみを。ストローバッグやサンダルなど、小物もニュートラルを貫いて統一感を。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Baya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando