GISELe

2020/04/16

「黒があってよかった」を実感するとき|黒が高まる「小物」8選

GISELe編集部

愛すべき、黒専用のワードローブ計画

かわりの利かない色だから、季節に応じた更新が必要。今ある黒をもう一度整理しながら、さらに新しい黒に目を向けて、可能性をもっと広げたい。何ができる? どこまでいける? 組み合わせ次第で飽きのこない、「黒好き」であるがゆえの究極のプラン。


FOCUSING:
なくてはならない相互関係
「あってよかった黒」を実感するとき

さらっとまといたいエアリーなドレスも、待ちきれない春本番の素材も。新しい何かを手に入れるときに、この黒があれば迷わない。今の時季、とくに頼りになる効果的な組み合わせ。


+ LINEN & STRAW
「気が早い素材をためしたいとき」
もう少し季節が進めばヌーディなまとめ方もありだけれど、今はまだ、どこかにあえて重みを残したい。頼るべきはベーシック寄りの黒。先取りの素材も引き立つし、安定感も見込める。

「黒3点」で適度な重みが生まれる視覚効果
ニット 26,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) フラットサンダル 29,000円+税/nagonstans タンクトップ 9,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) リネンパンツ 19,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) ストローバッグ 10,000円+税/AKTE リネン&ストローの素材づかいと肌見せが効いて、春らしい抜け感がありながらも、軽くなりすぎずちょうどいい先取り感。決め手は、「肩がけニット」の素材によるあたたかみと、「黒3点」の配色の重み。


+ LONG DRESS
「ドレスの甘さをおさえたいとき」
ニュアンスカラーが主流であるゆえに、例年以上に「着たい」気持ちが早まるもの。そんな春夏のドレスを今に引き寄せるのは一見脇役の黒。ドレスに仕込めば、浮き立つ色も適度に落ち着く。

ドレスにリアリティをもたらすトレンカのレイヤード
パンプス 37,000円+税/KATIM トレンカパンツ 11,000円+税/イウエン マトフ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) ワンピース 51,000円+税/シー ニュー ヨーク(ブランドニュース) バッグ 19,000円+税/MARROW(4K) ひと目でシャープなポインテッドトゥの黒パンプスだけでも引き締まるけど、「黒」でリンクしたトレンカのひと手間で、よりまとまりのあるスタイルに。甘さセーブはもちろん、レイヤード力でセンスも倍増。


+ T-SHIRT & SWEAT
「上下カジュアルでラクしたいとき」
ストレスフリーのゆるいカジュアルに、ハンサムな黒の引き締めはセオリーどおり。オーバーサイズで「今」のフォルムに更新さえすれば簡単に決まるのがベーシックの底力。

力まずそっけないくらいのシンプルが気分
ジャケット 59,000円+税/ENFOLD ローファー 14,900円+税/A de Vivre Tシャツ 19,800円+税/Long Beach Antage スエットパンツ 28,000円+税/robelite & CO.(アイクエスト ショールーム) サングラス 21,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) アクセサリーやさし色は不要。紳士な黒×ボーイズライクなグレーなら、そぎ落とされて見えて今っぽい。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca_model),Koichi Sakata(still)Styling_Kaori Higuchi(KIND)Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON)Model_Eto Cooperation_WORLD NEIGHBORS KIYOSUMI-SHIRAKAWA Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando