GISELe

2020/04/18

人気のバンドカラーシャツ着回し6選|気分がアガる「この春欲しいシャツ」

GISELe編集部

「シャツは得する相談相手」

ゆるくてもだらしなく見えず、さりげない女っぽさも出せて、冒険心もいきすぎない。好感度をもたらし、身につけることで気持ちまでシャンとする、シャツが秘めた無限の可能性に着目。


Q - MORE VARIATION
「ふつうに着る以外の楽しみを増やしたい」

「はおりにもINにも使えるのは前開き&幅広のバンドカラー」
中になにかを足しやすく、インナーとして着てももたつかない身幅広めの前開きシャツは、シチュエーションや気温などによってさまざまなアレンジが可能。重ねたときにもちらっと見えるバンドカラーなら、埋もれずさりげないアクセントに。シックかつマイルドなブラウンならどんな色とも相性がよく、合わせやすいうえ今っぽい。
着まわしたシャツ 33,000円+税/ロエフ(フレームワーク ルミネ新宿店)


STYLE 01
「はおる」

アウター感覚でさらっと重ねてリゾート風ドレスを都会的にシフト
ブラウンシャツは着まわし。ブルードレス 39,000円+税/リト(スピック&スパン ルミネ新宿店) スニーカー 6,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 重厚なブラウンのシャツなら、ルーズなシルエットでまとめてもどことなくキレイ。


STYLE 02
「INする」

ボタンをきっちりとめたシャツを上下からのぞかせてパーカのカジュアル度をセーブ
ブラウンシャツは着まわし。アイボリーフーディ 5,980円+税/MOUSSY、ベージュパンツ 18,000円+税/BLACK BY MOUSSY(ともにバロックジャパンリミテッド) カットソーとはまた違う、ワンランク上のレイヤードスタイル。茶系でまとめてさらに統一感。


STYLE 03
「中に着る」

色をそろえたシアーなタートルを仕込みパリッとしたシャツにやわらかな奥行きを
ブラウンシャツは着まわし。ブラウンタートルトップス 20,000円+税/ELIN(クルーズ) 高さのあるバンドカラーとつなげてデザインのように、チュールをチラ見せ。ニュアンシーな風合いが、肌を出さずともマニッシュなシャツの女らしい隙として効果を発揮。


STYLE 04
「かける」

濃淡の違うブラウンにひっかけてアクセサリーのようなポイントに
ブラウンシャツは着まわし。えりつきリネンシャツ 29,000円+税/ザストアバイシー(ザ ストア バイ シー 代官山店) スリットパンツ 6,990円+税/LAGUA GEM(バロックジャパンリミテッド) 着方を変えたシャツの2枚づかいも新鮮さに一役。


STYLE 05
「とめ方を変える」

真ん中のボタンを1つだけとめてカジュアルな着くずしを演出
ブラウンシャツは着まわし。黒リブタンク 9,900円+税/ATON(ATON AOYAMA) 白パンツ 23,000円+税/ウィムガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ヘルシーなえり抜きスタイルも、ウエストは締めておくだけでだらしなさを軽減できる。


STYLE 06
「巻く」

ベルトがわりに腰に巻き気になる腰まわりを目くらまし
ブラウンシャツは着まわし。カーディガン 24,000円+税/ロンハーマン キャミソール 3,800円+税/デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) デニムパンツ 13,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 短め丈のトップスも一気に着やすく。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair)Model_Alex Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Text_Rie Yokoyama Composition_Miyuki Kikuchi