GISELe

2020/05/03

「ナチュラルメイク」こそ、ラクに逃げない|挑戦したい「イエロー目元」&「キラキラ目元」

GISELe編集部

強気にナチュラルメイク

連想されるイメージの枠を超えた、ある意味「強気」な解釈が見慣れた装いを活性化して、さらに新たなアイディアにつながる好循環の起点になる。


YELLOW EYES
浮かず埋もれず都合がいい

ベージュと親しい色みなのに、きちんと目にとまるイエロー。そんなどっちつかずな色づきを「ナチュラルメイクの範囲内」と強気にとらえて都合よく使ってしまう。柔軟でポジティブな思考こそ、メイクがうまくなるための近道。


 SELECT POINT 
□なじみつつきわ立つパール入り
□テクスチャーはやわらかく透ける




トップス 11,000円+税、パンツ 19,000円+税/ともにBLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)


<How to make-up>
ベージュの延長で、なじんで映える



ITEMS_

A.ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 013 1,800円+税(編集部調べ)/コーセー B.アイシャドウ/ヘア&メイク私物 チャコールグレー。 C.ローズ・パーフェクト・リキッド 22 4,000円+税/パルファム ジバンシイ パープル寄りのローズピンク。ピンクレザーをあしらったパッケージにも購入欲をかき立てられる。


PROCESS_

1.アイホール全体にAをじかにのばし、指でフィットさせる。



2.カラーメイクに黒ラインはトゥーマッチ。パーリーなグレーBでやわらかくきわ立たせるくらいがちょうどいいバランス。



3.口元にはモーヴCを。軽い質感のグロスなら強気な色でもカジュアル。

CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma(model), Yusuke Tanaka(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Chisato Takagi Model_Baya Cooperation_AFLO Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya