GISELe

2020/06/08

「デニム」の着こなしを高めるピンポイント技12選|ストリートSNAP

GISELe編集部

「褪せたブルー」のエトセトラ

褪せたブルーのジーンズが色褪せない存在であることを証明するLOOKを、新旧・あらゆる方面からコレクト。「相性のいい組み合わせ」だけを追求した、明日からのデニムスタイルを高めるネタ集をお届け。


デニムを高める「ピンポイントなワンツー」

ブルーデニムの完成度UPにつながる合わせ技を、ストリートSNAPから選出。デニムと+αのアイテムの双方にメリットがある、しぼり込んだ組み合わせを公開。


LAVENDER COLOR

ラベンダーとやさしいブルー
白みがかったラベンダーのニットを、デニムの薄いブルーになじませるように。メリハリを優先しない、今季らしいカラーバランスの完成。気楽なシルエットも、淡い色を選べば女性らしい。


STRAP SHOES

ラフさを制するストラップシューズ

夏に向けてリリースが相次ぐきゃしゃなストラップシューズをとり入れて、足元だけレディに更新。シャープな形から素肌をのぞかせることで、身近なデニムに適度な緊張感が生まれる。


STRIPED SHIRT

デニムに合うハンサムなストライプ

カジュアルなブルーデニムと、メンズライクなストライプは好相性。端正なジャケットで包めば、悪目立ちすることなく大人な仕上がりに。ジャケットと柄の色をリンクさせるのがコツ。


LOOSE KNIT

ざっくりニットとかたいデニム

ゆるく編まれたローゲージニットが、かたい素材感のデニムをなごませる。ふんわりとしたニットの質感が、ルーズに結ったヘアスタイルと相まって、とことんリラクシーな面持ちに。


NEON YELLOW CARDIGAN

褪せたブルーに鮮烈なイエロー

ネオンカラーのカーデを腰巻きし、薄いジーンズにさし色を効かせるのも目新しいアレンジ。主役にするには少々勇気のいる派手色も、デニムを着る日の装飾としてならとり入れやすい。


V-NECK CARDIGAN

新鮮味のあるカーデといつものデニム

カーディガンとデニムの定番的なワンツー。あえてカーデのボタンはとめず、細ベルトでウエストマークを。少しの「違和感」がニットカーデにありがちなほっこり感を消し、洗練度がUP。


HIGH-CUT CONVERSE

9分丈デニムとハイカットのコンバース

長く愛される、デニムと[オールスター]のベストバランスを再考。足首がのぞく短め丈のデニムに、ブーツ感覚でハイカットを合わせるだけ。もたつき感がなくなり、計算された抜けを実現。


PINK JACKET

親しみやすいデニムとピンク

色褪せたデニムが一緒なら、目を引くピンクのハードルも下がる。デニム特有のごわごわとした質感が、ピンクジャケットの愛らしさを中和。黒を効かせ、メンズライクに転ばせたのも正解。


DARK PURPLE

淡い上下に濃厚なアクセント

トレンチコート×デニムの正統派な組み合わせ。インナーには無難に白を選びがちなところ、ダークパープルを採用。春らしさ全開のベージュ×水色に深みが出て、シックな雰囲気に変貌。


LACE BLOUSE

粗いデニムと繊細なレース

レースのブラウスにジャケットを重ねた気品あふれるモノトーンで、褪せたデニムをクラシカルに転換。淑女のような合わせが古く見えない秘訣は、ジャケットのゆるいサイズ感にアリ。


RETRO HEADBAND

特別感を生むヘッドピース

手軽に品を高められるエッセンス=ヘッドバンド。力を抜けるデニムの日に使えば、がんばった感もなく、スタイリングにもなじませやすい。昔っぽさを意識したトップス選びも好例。


BLACK SMALL THINGS

薄いトーンを引き締める黒

浅いブルーの発色を生かし、小物が主役のスタイリングを考えるのも1つの方法。白T×ブルーデニムと、色もデザインもミニマムに。キリッとした黒小物でそろえて、強いムードを創出。
CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa