GISELe

2020/06/30

「白T」の包容力|ヴィンテージやベーシックカラーも難なく着こなす

GISELe編集部

START WITH White T-Shirt

もし、たった1枚の白Tを手にし、これからのスタイリング計画を立てるとしたら? シンプルに着るよさを実感することから、飾って楽しみつくすまで。「徐々によりよく」見せるためのプロセスを追跡。試してみたい新しさも、勇気のいるあの色や柄も。必要なものはすべて白Tが教えてくれる。


VINTAGE MOOD
(すぎないバランスをつくるから)
「力まずヴィンテージ」をたしなむ役割

今の季節、やや重く感じることもあるレトロなスタイリング。味のある色みや柄もフレッシュな白と一緒なら、気張らずリアルタイムにちょうどいいなつかしさに落ち着ける。

トレンチにプリントプリーツ。趣のある茶系で飾る特別感
トレンチコート 88,000円+税/ジェーン スミス(RHC ロンハーマン) 白スリットTシャツ 13,000円+税/nagonstans プリントプリーツスカート 34,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) 机に置いたバッグ 20,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ローファー 168,000円+税(オーダー価格)/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店) なじみのいい茶系のレザー小物が絶妙な重厚感として作用。


BLEND BASIC COLORS
(クリーンな白で配色を分割するように)
「理由のあるベーシック色」とのいい関係

夏に向けて明るい色だけにシフトする必要はない。抜け感を伴う「白Tありき」ならなおのこと。とはいえ、ベーシック色だからといって無難に逃げない、よりよい配色をリサーチ。


BEIGE / MOCA
“紺ブレ”だけじゃない
「気の抜けたプレッピー」
紺ブレよりも「軽み」が生まれるオーセンティックな装い。ニュートラルな色みを重ねることでどこかリラックスした表情に。

ベージュジャケット 25,000円+税/アクアガール(アクアガール丸の内) 白Tシャツ 10,000円+税/アンフィル モカグルカショートパンツ 26,000円+税/KABEL(ビショップ) シューズ 17,000円+税/イエナ(メゾン イエナ) ジャケットは肩がけで着方もラクに。ショートパンツにタックINしたコンパクトな着こなしも好バランスかつ好印象。ミリタリーテイストのパンツも、きちんと見える渋い色みならボーイッシュになりすぎない。


LIGHT BEIGE
もはやワントーン
「ほぼ白のベージュをブレンド」
上下ともに真っ白だと、カジュアルといえどためらうもの。明るいベージュのパンツなら、浮かずに目を引くグラデを形成。

白バックプリントTシャツ 19,000円+税/ラム・シェ(ブランドニュース) ライトベージュパンツ 28,000円+税/ebure サングラス 15,000円+税/エーディーエスアール(エディット フォー ルル) バッグ 25,000円+税/マルコ マージ(ガリャルダガランテ 表参道店) パンプス 5,900円+税/RANDA 限りなく白に近い軽く色づいたパンツ。小物もニュアンスカラーに徹して、「ほぼ」ワントーンの流れをくずさないように。


DUSTY GRAY
なつかしいロゴと波長が合う
「黒を薄めたグレーという選択」
黒のように使いやすく、黒には出せない軽さを含むグレーパンツ。白Tのくすんだブルーのロゴとも「くもった色み」どうしで意外にもフィット。

白×ブルーロゴTシャツ 6,300円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) グレーストライプパンツ 39,000円+税/コキュカ(ザ ストア バイ シー 代官山店) かごバッグ 7,800円+税/PI-PROJECT(ビショップ) スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) Tシャツのロゴとスニーカーにかごバッグ。なつかしいブルーでリンクさせれば、さらなる統一感を期待できる。


KHAKI / BEIGE
ドライな配色だからいい
「女っぽさを乾いた色で」
気だるい渋色を貫くことでカジュアルかつ女っぽいバランスに。ニットではなく「スエットの肩がけ」も白Tと波長が合う。

白VネックTシャツ 7,500円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 肩にかけたカーキスエット 18,000円+税/スタニングルアー(スタニングルアー 青山店) ベージュラップスカート 21,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) サンダル 9,000円+税/ティキーズ(ガリャルダガランテ 表参道店) 細身のスカートと、デコルテがのぞく深いネックラインという白Tのセレクト自体が女っぽさをあと押し。
CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company・model), Yusuke Tanaka(still〈Accessories〉), Yuki Ueda(still〈Lip color〉) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Evgenia Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando