GISELe

2020/07/03

ノースリーブのカットソーワンピ着まわし6選|そでぐりや首にも適度なゆとりが◯

GISELe編集部

ワンピの日に考えられること

たった1枚で満たされて、+αのアレンジも楽しめる、多くの可能性を秘めた究極シンプルなワンピの魅力をあらためておさらい。スタイリングを強化したり、新たな1着を見いだしたり。単純な装いが増えるこれからの軸を担うレパートリーを、さまざまな角度から追求。


「週3ワンピで6つのアレンジ」

安心感のある色や形は、そのときどきに応じて手を加えることで、同じワンピースでも雰囲気が一変。うまくいく6つのテクにあてはめながら、その振り幅を検証。


重ねたときにもたつかない適度なゆとり
「ほんのり広がるノースリーブのカットソーワンピ」
全体的に余裕を持たせつつ、腰から下がさらにゆるやかに広がるエレガントなカットソーワンピ。そでぐりや首にも適度なゆとりがあれば、重ねたときも好バランス。やさしげなチャコールグレーが新鮮。

8,000円+税/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店)


01「上からかぶせる」
プレーンなワンピをレトロに傾ける透け感のあるクロシェニット
ヴィンテージライクな甘さで今季注目が集まるクロシェニット。ニットだけど軽く見えるから、上から重ねても暑苦しく見えず、さらっとしたワンピにニュアンスと奥行きをプラス。

チャコールグレーワンピースは着まわし。クロシェニット 33,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) バッグ 10,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) サンダル 5,000円+税/KBF(KBF ラフォーレ原宿店) ノースリの肌感がそれとなくおさえられ、1枚で着るより上品な仕上がりに。


02「何かをはおる」
ワンピよりもやや短めなビッグシャツをアウターとして新投入
少しハリのある辛口な黒シャツでワンピをおおい、リラクシーなシルエットをハンサムに方向転換。長め丈どうしでも質感や丈に変化をつければ、リズムがついて間のびしらずな仕上がり。

チャコールグレーワンピースは着まわし。黒ビッグシャツ 40,000円+税/Y’s BANG ON!(ヨウジヤマモト プレスルーム) サングラス 32,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) 黒ショルダーバッグ 13,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) 黒トングサンダル 4,900円+税/RANDA


03「下から出す」
少量だから臆することなくとり入れられるニュアンシーなピンクがカンフル剤
そのままだとやや勇気がいるかわいい色は、長いもののムードを変えるアクセントとしてとり入れるのが得策。潔く靴までピンクでつなげば、かえって色数がしぼられて調和が図れる。

チャコールグレーワンピースは着まわし。パンツ 16,000円+税/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ 11,000円+税/BRIE LEON(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) パンプス 33,000円+税/ピッピシック(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Miyuki Kikuchi