GISELe

2020/07/20

期待を裏切らない「ベージュ」コスメ4選|使えるアイテムとは?

GISELe編集部

ベージュでいいより「ベージュがいい」

どう転んでも品がいいベージュ。だからこそ、1歩先を託してみたくなる。ベージュだからうまくいくこと、ベージュに頼ってかなえたいこと。してみたかったアレコレをすべて。ポテンシャルが高いベージュで顔まわりのキレイはどこまでも広がる。


CLASSY BEIGE
「ベージュは期待を裏切らないから」

バランスを整える調整役にとどまらず、欲しい新しさを集める役割にも期待がかかるベージュ。あらゆる角度で、受け止めてくれるベージュの懐の深さを「シンプル以上」に的をしぼって探ってみると。
チェックシャツ 26,000円+税/ティッカ (右手薬指)ゴールドワンストーンリング 33,000円+税、(左手薬指)ゴールドコインモチーフリング 27,000円+税/ともにココシュニック


A_BLUSH
「ベージュに甘えて目新しいフォルム」

してみたかったあのフォルム
どうしたってなじんでしまう万能なベージュだから、落ち着いた印象におさまりやすいのも事実。そんなときは、わかりやすく、線型を刷新。たとえば「大きめ、垂れ型、求心的」を遠慮せず全部。ベージュなら盛ってもなじむ。


B_MASCARA
「あの色の役割を置きかえてみる」

「ブラウンの延長で、穏やかなアクセント」
基本は黒。強さをゆるめるならブラウン。そんなまつ毛の定番に一石を投じる、ベージュというセレクト。もともと肌に内在する色だから、目まわりの力みを中和する「締め」とは逆の役割を担い、同時に目を引くポイントにもなる。

CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma(model), Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Keiko Watanabe(KIND)Model_Liza Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya