GISELe

2020/07/25

意外とむずかしい「新しい服より、新しい目で見る」

GISELe編集部

「垣根のない服」

用途を1つに定めない。行き先にも予定にも動じない。分類しがたい服こそ、多くの可能性を秘めていることに着目した、垣根をなくしたワードローブによる着まわしを新提案。第一印象や固定観念をリセットし、とらわれない目を持つことでもっと長く、さらに深く、着る楽しみは持続する。


PURPOSE
新しい服より、新しい目で見る
「垣根をなくせば多くを得られる」
服に対するイメージも、発想するスタイリングも、形にとらわれないことで得られるいい結果。4つの側面から考える、「どちらにもとれる服」のとらえ方。


WHITE HAS IT ALL
「1色の中で垣根を越える」

色数をしぼることは、服の情報量をリセットしてくれる力がある。心地よい白、味のある白、強気な白。移ろう気分を白一色がフラットにしてくれる。

いろんな気分を一手に引き受けてくれる、懐の深い白にゆだねる
ストール 42,000円+税/アソース メレ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) カフタンドレス 12,800円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 白パンツ 32,000円+税/ebure 白レースアップサンダル 21,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) シルバーバングル 55,000円+税/TAPLEY(エスケーパーズオンライン) ブロンズブレスレット 34,000円+税/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) かごに入ったパンパスグラス 各2,000円+税/LIFE’s 代官山店 かごに入ったブランケット 18,000円+税/loomer(alpha PR) リラックス感のあるワンピースにまじめなスラックスを重ねた、「色は同じで気分が異なる」新鮮味のあるワントーン。クリアな白ならいろんなテイストを欲張っても複雑に見えない。


WEEKDAY - WEEKEND
「曜日に左右されない柔軟性」

他人目線が気になる平日も、自己満足的な週末も。どっちにもいい顔ができる服があるといい。あえて少しハイレベルなショートパンツで考察。


WEEKDAY

気だるいだけに終わらない。都会に似合う華やかさを演出
白リネンショートパンツ 18,000円+税/ELENDEEK 黒タンクトップ 6,500円+税/LENO(グッドスタンディング) バッグ 55,000円+税/モダンウィービング(アーセンス) シルバーリング 7,200円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ベージュニット 19,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 黒スクエアトゥミュール 34,000円+税/ELIN(クルーズ) シルバーバングル 55,000円+税/TAPLEY(エスケーパーズオンライン) イメージは「夏の夜の街に似合う」気だるさ。素肌が透けるメッシュニットで着方自体も力を抜き、レザー小物で重心をとる。アクセサリーはシンプルなシルバーだけでも、十分目を引く女っぽさ。


WEEKEND

リラックスだけにとどまらない。キレイになれるブルーを加算
白リネンショートパンツ 18,000円+税/ELENDEEK サングラス 3,500円+税/SNIDEL ブルーシャツ 24,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) ブラウンメッシュシューズ 29,000円+税/ペリーコ・サニー(アルアバイル) ストール 42,000円+税/アソース メレ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 上質かつ品のあるブルーの選択が、オーバーサイズのシャツにありがちな「ただのラク」と一線を画す。抜けと締めを担うメッシュシューズも、「リラックスだけに終わらない」ために不可欠な存在。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya, Koichi Sakata(still〈cutout〉) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando