GISELe

2020/08/28

ノースリの黒ニット「首元の高さ」にこだわると?

GISELe編集部

「3つの意味で回る服」

吟味に吟味を重ねた「納得のいくベーシック」にはそれだけで自分を満たしてくれるだけでなく、さまざまな着方を発掘したり新たな1着を引き寄せたりと「スタイルの可能性」を引き出すきっかけも与えてくれる。最小限のアイテムから楽しみが無限に広がっていく、ワードローブ計画。


「手数が増える・新たな軸選び」

いつも着ている服の見直し、新定番として迎えたいもの。そんな基準で選ばれた「3つの意味」で回っていくアイテム。まずはその長所を生かした実例からスタート。


夏の装いを締める適度な緊張感
「首元高めのノースリ黒ニット」

1枚でもインナーづかいにも最適な黒のノースリ。首をつめることで、肌感を微調整。ぴったりしすぎないハイゲージなら、コンパクトなシルエットのハードルも下がる。


1. CONSERVATIVE
「チノパンなのにエレガント」

寡黙な配色&すらりとしたシルエットでまじめを貫く
黒ニット 16,000円+税/BATONER アイボリーパンツ 23,000円+税/LENO(グッドスタンディング) 眼鏡 38,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) ベルト 9,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 時計 19,000円+税/ダニエル ウェリントン(ダニエル ウェリントン カスタマーセンター) バッグに入れたストール 79,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) バッグ 12,000円+税/CAST:(キャスト:渋谷店) ミュール 8,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)


2. WITH BIG SHIRT
「少量の黒でやぼったさを回避」

ノースリーブだからうまくいく。もたつきしらずなインナーづかい
黒ニットは着まわし。ストライプシャツチュニック 32,000円+税/ENFOLD 黒スキニーパンツ 23,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ビッグフォルムのシャツにシャープな黒をさして切れ味よく。ボタンを多めにはずしたくずした着方でも、肌を隠しているからだらしなさは皆無。シャツのストライプ柄&スレンダーな黒でつなぐボトム選びで縦長感が増して、スタイルアップも望める。
CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair & Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Lera Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi