GISELe

2020/09/12

ワンピース、オールインワン etc.「一枚系」アイテムに合わせたい小物の正解

GISELe編集部

「最小限と再攻略」

できることなら、最小・最短・最速で。今よりちょっと上を望めるアイディアがあるといい。とはいえ、そんな少しの変化に要する新しさは、これまでのワードローブに沿った「ほどよさ」を求めたいところ。そこで考案した「シンプル好きに向けた、シンプルが変わるシンプルなプラン」。なかでも厳選された方法をプレゼンテーション。


■最小限で最大効果
1枚に対して「1つ」で変える

ワンピース、オールインワンなどの「1枚系」。面積が大きいぶん、放つ存在感も大きいから、細々と変化をつけても埋もれがち。それよりも、最小限で思わぬ効果を発揮する、少々大げさな「1つ」を。


+ BIG TOTE BAG

「1枚」「1つ」がきわ立つ白と黒のコントラストで

〈左〉コンビネゾン 13,000円+税/Ungrid バッグ 32,000円+税/CHACOLI(ワグ インク) サンダル 9,800円+税/kiwi(ROSE BUD 新宿店) バックシャンな黒のコンビネゾンに、パキッと明るい白のビッグトート。ボリューム×ボリュームで正直ちょっとやぼったい。でも、小ぶりなバッグを合わせるより「洗練されすぎない」このバランスが、むしろ気分転換に正解で、ねらいどおり。



+ WIDE BANGLE

バングルのTOO MUCHな無骨さで「ゆるさ」を引き止めて

〈中〉オールインワン 34,000円+税/COCUCA(ザ ストア バイ シー 代官山店) バングル 8,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ビーチサンダル 6,300円+税/AKTE 落ち感のある素材の流れに身を任せた、ゆるくリラクシーな着こなしが常だったから、気分転換にはあえてそのゆるさを引き締める「1つ」。たとえばワイドバングル。重心も引き上がり、同系色ならバランスもより整う。



+ HANDSOME HAT

あえて1枚で着る軽やかさの中に+ハットのアンバランス

〈右〉シャツワンピース 9,900円+税/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ハット 14,800円+税/LACK of COLOR(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ミュール 9,900円+税/A de Vivre 気がつけばレイヤードが常識になっていたシャツワンピースを、そろそろまた1枚で着てみる。足元も軽快に。パンツやワンピースを重ねてきたボリュームを、紳士なハット1つにゆだねて。
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN・model), Yusuke Raika(aosora・model), Koichi Sakata(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Alisa, Diana Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Tex