GISELe

2020/11/14

これならハードル高くない「カラーコスメ」|3人のプロに聞いたアイディアとは?

GISELe編集部

黒・ブラウンの「延長で」

黒のマスカラやブラウンのアイシャドウなど、慣れ親しんだ「目元まわりの2色」と距離を置き、彩度を上げて起こる「いい結果」を再定義。重さと軽さの均衡がカラーメイクの肝というヘア&メイク・岡田知子さんの解説とともに、黒やブラウン感覚でこなせる色と活用術をナビゲート。
※価格表記のないものは本人私物です。

【画像一覧】すべてのコスメはこちら

NEUTRALIZATION
カラーメイクをいなすなら

人によってはハードルが高く感じられるカラーコスメ。それぞれの得意分野から3名が推す、気負いなく色をまとえる名品や気張らずにこなすためのアイディアストック。


01 / FRAGRANCE
「奥行きや幅を整える“見えない”バランサー」
カラーメイクの感度の高さは、香りを味方につけることでよりいっそう引き立ちます。私の場合は、香水で厚みを出し、色をとり入れたメイクが甘くなったりピュアに転じたりする恐れをセーブ。キレイめカジュアルな私服が「女性らしい」のひと言で終わらないように、上品なフラワーをベースにしつつも少しクセのある香りをつけます(モデル・伊原葵さん)

〈右〉ディプティック パルファン ド ヴォワヤージュ ド ソン 持ち運びのしやすいスタイリッシュなパッケージ。〈中〉シャネル ガブリエル シャネル エッセンス オードゥ パルファム (ヴァポリザター) 〈左〉ロエベ オードゥ トワレ “パウラズ イビザ”


02 / NAIL
「でしゃばらないカラーネイルでゆるめる」
何色のメイクをも受け止め、力を抜くグレーやベージュのネイル。清潔感・抜け感・シャレ感の三拍子そろうポリッシュ=ukaに頼れば、コンサバとはひと味違う、「すぎない品」がかなう(ヘア&メイク・岡田知子さん)


uka ベージュスタディ ツー 〈右〉5/2、〈中〉6/2 各10mL 2,200円+税、〈左〉uka カラーベースコート ゼロ 4/0 10mL 2,000円+税/以上ウカトーキョーヘッドオフィス 1度塗りだと、自爪をおおい隠さないあっさりとした色づき。 白トップス 11,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) シルバー×ゴールドイヤカフ 15,000円+税/ete シルバーイヤカフ/モデル私物

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara(model),Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Chisato Takagi Model_Aoi Ihara Design_Sayaka Tanaka(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition_Wakana Akiya