GISELe

2021/01/10

「デニム」を着ぶくれさせないニットの活用アイディア4選

GISELe編集部

「ラクでもラフでもなくデニム」

「折り目正しく手を抜かず」がカッコいい冬のデニムは素敵でちょっと気どった気持ちで楽しみたい。デニム自体に求めたいのは、原点回帰のスマートな正統派。ラクに・ラフで、はいったん忘れて「オシャレしたい日」にこそ選びたくなるデニムの冬支度の選択肢。

【画層一覧】すべてのスタイリング

SILHOUETTE
上下細身を「ゆるめる」の新関係

細身のIラインをベースに、リラックスシルエットを重ねて緊張感を「ゆるめる」。そんなセオリーをもとに、着ぶくれもせずデニムをスマートに見せる4つの実例。


METHOD A
「ロングストール」でゆるめる
タイトな黒ワンピースのように、たとえば黒デニムとリブニットのオールブラック。そんな味つけ幅も広いセットにロングストールを巻いてボリューム感を出しつつ、長さでゆるさを加えて気だるい表情に。余裕のある形のアウターも、シルエットのコントラストでより引き立って。

黒センタープレスデニムパンツ19,800円+税/サージ(ショールーム セッション) 黒リブニット23,000円+税/デ・プレ ベージュガウンコート72,000円+税/イウエン マトフ(イウエン マトフ 横浜店) ベージュカシミヤストール59,000円+税/THROW サングラス18,000円+税/A.D.S.R.(4K) ピアス3,928円+税、ブレスレット4,910円+税/ともにアビステ パイソンバッグ58,000円+税/エレメ(アマン) ベージュスクエアトゥパンプス32,000円+税/ピッピシック(ユナイテッドアローズ 新宿店)


METHOD B
「ビッグサイズ」で包む
ジャケットのサイズはメンズライクより、メンズものくらいのゆったり化が進行。細身のラインに重ねたわかりやすいシルエットのコントラストで、シンプルな装いもパワフルに昇華。

ブルースリットデニムパンツ13,000円+税/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店) カーキリブタートルニット25,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) グレーウールダブルジャケット62,000円+税/BACCA(TOMORROWLAND) チェーンネックレス18,000円+税/アンセム フォー ザ センセズ(アマン) ペイズリートートバッグ62,000円+税/ア ヴァケーション(デミルクス ビームス 新宿) ブラウンタッセルスリッパローファー49,000円+税/へリュー(エスケーパーズオンライン)

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Daniela Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama