GISELe

2021/02/03

手持ちの服が新鮮に|スタイリングにおける「逆転の発想」とは?

GISELe編集部

「スタイリングのネタ帳」

冬服とのつきあいはまだまだこれからだから、飽きないためにできるだけ多くのアイディアが欲しい。必要なのは服の数より着方の手数。「すぐに試せる」をテーマにしたトピックス。

【画像一覧】すべてのスタイリング

PLAYBACK !
(「逆」で考えればまた変わる)
「逆転の発想でもう一度」
思い込みからの脱却、いつもと違う順番など、新しさを得られるヒントは「逆」にある。発想の転換をうまく使えば、今ある服ともまた新たな気持ちで向き合えるかもしれない。


01. ANSWER
>>「ラフな服こそ丁寧に着る」


□スエットやデニムを「カジュアルに着ない」考え方
□黒・白・ブラウンなど、色みも極力ベーシックにすれば大人っぽい


SWEAT TOP
「わざわざタイつきシャツ」

ネックラインからタイをゆらした黒ニットさながらの解釈で
黒スエット 13,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 白シャツ 17,000円+税/OSKER(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ブラウンパンツ 18,000円+税/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿店2) 黒パンプス 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) 品のいいシャツを重ねる正攻法をあえてスエットに落とし込むだけ。


DENIM JACKET
「丁寧にワントーン」

柔和な白を丁寧に重ねればBIGジャケットもカジュアル以上に
白デニムジャケット 17,800円+税/SeaRoomlynn 白ロングスリーブTシャツ 9,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 白タートルネックニットベスト 16,000円+税/BLACK BY MOUSSY、白スカート 7,500円+税/STYLEMIXER(ともにバロックジャパンリミテッド) スクエアトゥショートブーツ 56,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) 足元だけは黒でシャープに。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Hanna Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando