GISELe

2021/05/01

【足元に色を入れるなら】|おすすめの「カラースエード」のパンプス8選

GISELe編集部

「靴で得する」選びの基準

ベーシックなスタイルも垢抜ける
カラーパンプスは「スエードとともに」

肌が出る服がメインの春夏は、その肌感が抜けになってアクセントカラーの靴も試しやすい時期。たとえば白Tとデニム、モノトーンなどシンプルコーディネートこそ「足元に色」を。まずは基本の1足=パンプスからチェック。色みもマイルドなスエード素材なら、やわらかな素材のボトムにもなじみよく感度を高められる!
※( )内のサイズ表記はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。

【コーディネートしやすい】カラースエードのパンプスすべて


1. CREAM BLUE

ブルーサークルモチーフパンプス(2.5) 5,910円+税/ダブルエー オリエンタルトラフィック(ダブルエー) 白がまじったソフトなブルーなら、黒ボトムと合わせてもシャープになりすぎない。


2. LIGHT YELLOW

イエローパンプス(3) 14,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) つま先もヒールも細いことで、フレッシュなイエローも女性らしくとり込める。


3. MAT GREEN

グリーンポインテッドトゥパンプス(8.5) 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) デニムに深みをもたらすコクのある寒色。


4. FOGGY PINK

ピンクスクエアトゥパンプス(6) 14,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ベージュの延長で使える、ほんのり色づくピンク。

CREDIT: 2021年4月号 Photography_Yusuke Tanaka Styling_Natsuko Deguchi Cooperation_AFLO,Getty images Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige

RECOMMENDED