GISELe

2021/05/08

【探す手間なく一気に見れる】|いま人気の「スマート系スニーカー」カタログ

GISELe編集部

「スマート系」のスニーカー

靴からオシャレを考えるときの選択肢の1つ、スニーカーは主流の「キレイめボトム」にピッタリ合うタイプが人気傾向。細身のシルエット・やわらかい色み・レザー素材など、アクティブになりすぎず、落ち着いた印象にとどまる4タイプをご紹介。


【1】
NUANCE COLOR

▶ローカット&ローテクは
「白みがかったあいまい色」

白っぽい色みを中心に、淡くあいまいな色のレトロなローテクスニーカーが再燃。やわらかな素材や色をまとった今季らしい服にもなじみやすく、ローカットならすっきり整う。

1.白×グレースニーカー 10,000円+税/NIKE(atmos pink flagship Harajuku) ボコボコとしたワッフルソールで雨の日も滑りにくい。白と薄いグレーのグラデーションで、やさしげな雰囲気に仕上がる。 2.グレースニーカー 13,800円+税/ニューバランス(ニューバランス ジャパン お客様相談室) 長年愛され続ける細身シルエットが特徴の「996」。クッション性に優れた、ふかふかしたはき心地も魅力の1つ。 3.コルクインソールスニーカー 9,000円+税/スペルガ(カメイ・プロアクト) ガムソールのなつかしいディテールが、白のキャンバス地を味わいのある印象に。汚れが目立ちづらいスモーキーな白。 4.チェックキャンバススニーカー 12,000円+税/ムーンスター(ムーンスター カスタマーセンター) ブルー×白の細いチェック柄で、スニーカーもハンサムなルックスに。伸縮性が高い日本製のしなやかなゴムソール。 5.ピンクキャンバススニーカー 9,000円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) ガーリーに傾きがちな淡いピンクもスニーカーなら照れずに試せる。ニュアンスカラーの装いのアクセントとしても有効。 6.スエードスニーカー 26,000円+税/WALSH(カメイ・プロアクト) ひもまでベージュに統一したシックな見た目は、英国を代表する老舗ブランドならでは。イギリス国旗のタグがクラシックさをあと押し。

CREDIT: 2021年4月号 Photography_Yusuke Tanaka Styling_Natsuko Deguchi Design_Shantin Chin(Ma-hGra) Text_Shunsuke Takahashi Composition&Text_Mika Shirahige

RECOMMENDED