GISELe

2021/06/08

「難しくないベージュコーデ」|色を減らした「配色パターン」の成功例

GISELe編集部

「より良いベージュの合わせ方」

使う色はミニマルに.
配色はあいまいに.

キレイな印象をつくり出す、トーンの似た白とベージュのグラデーション。はっきりしない配色を上手に仕上げる「奥行き」をもたらす、質感と色みの選びを考察。ベージュの強みを生かして作る、役立つテクニックをまとめてご紹介。
※コーディネートの写真は過去のGISELeで紹介したものです。


【CONTENTS】
①「長いベージュ」を上からかぶせる 
②白もベージュも「流れよくまじめ」
③質感で差をつける「白+白っぽいベージュ」
④「小さく」ベージュを使う

【PATTERN-①】

「長いベージュ」を上からかぶせる 

白系の上下やルーズなボトムの上に、ロング丈のトップスやアウターをレイヤード。あえてもう1枚、似た形を重ねることでIラインが強調され、ゆるやかな色みの中にも張り合いが。



+LONG KNIT TOP
濃いベージュが甘い白を陰影づけ
フラットなベージュ系のロングトップスを重ね、ティアードスカートのボリュームをダウン。配色に落ち着きがあるおかげで、繊細な甘さの白スカートも日常になじむ。

「キレイを促す白スカート」着まわし3選



+SATIN COAT
ツヤっぽいベージュの重ね着でむしろ軽く
タンクトップとリネンパンツの涼しい上下に、同系色のサテンコートをON。すべるような光沢が落ち感を演出し、単調になりやすい薄色のワントーンにも緩急が。

「細く長く」見せるIラインシルエットのコツ



+SHIRT ONE-PIECE
シャツワンピの装飾で視線を引き上げ
ポケットやベルトの小細工が効いたシャツワンピなら、淡いベージュどうしでも強弱のついた仕上がりに。スリットからのぞく編みの粗いレースボトムが抜けを演出。

ワンピと白Tさえあれば!「必要に応じて」着まわす方法


PATTERN-②

白もベージュも「流れよくまじめ」

知的な服で上下をまとめても、淡白な色どうしならかっちりしすぎずエフォートレスな雰囲気を保てる。色合いで力を抜いているぶん、ボリュームのある小物づかいがカギ。



SHIRT × TRENCH COAT
トレンチ×シャツワンピでひねらず端正に
ボタンを上までとめたシャツワンピを、正統なトレンチのインナーに。ともにキレよくシャープだから、ゆるい形どうしでももたつかない。足元には重みを足せる黒を。

コーディネートに迷わない「3色だけ」の上手な扱い方



TIGHT SKIRT × SHIRT
まろやかな配色に甘えてコンサバなシルエット
Vネックシャツ+タイトスカートの背筋が伸びる合わせも、やさしい配色で力みのない仕上がり。緊張をもたらす四角いバッグも、マイルドな白ならなじみよし。



FLARED SKIRT × JACKET
色も形も「全部ゆるく」上品なAライン
ジャケット+フレアスカートのおかたいコンビ。締めつけのない色とシルエットにより、気張った感なく優美な雰囲気に。親しみと品を両立できるローファーが最適。

CREDIT: Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa