GISELe

2021/06/27

【着まわし】合わせる色を選ばない「黒T」軸のカラーコーデ5選

GISELe編集部

「黒リブTの場合」

大人っぽく着られるカラーアイテムの選別は着る機会も多い「シックな黒」を基準に。そんな黒に合う選ばれた5色で、コンパクトな黒リブTの着まわし幅を拡大。

▶黒リブT・選抜のポイント
□タイトさを利用して試すボトムの幅を広げる
□どう転んでもシックを保てる性格を利用


【PINK】
大人っぽくあせたピンク

「黒を理由に甘さで遊べる」
▶ボーダートップス
柄のカジュアルさを受け止めてくれる、黒リブTの品のよさ。無地のピンクよりも夏っぽさを出せるボーダーで、大人っぽくもどこかレトロなルックスに。
>>使用アイテムはこちら

【BLUE】
落ち着かせるためのブルー


「気楽にそれなり以上」
▶デニム風ワイドパンツ
細身の黒リブTとワイドパンツの間違いないコンビネーション。ヴィンテージライクなハイネックや季節感のある黒小物が効いてシンプルでもふつうすぎないのがいい。
>>使用アイテムはこちら


【YELLOW】
ベージュ感覚でなじむイエロー


「夏のカジュアルを想像できる」
▶涼感のあるショートパンツ
ストローハットにも似た色のパンツで、夏の日差しに映えるコントラストで軽やかに。バカンスムードでも、黒の緊張感を利用すれば今っぽい。 
>>使用アイテムはこちら

【BROWN】
こっくりとした気品ブラウン


「深みをもたせた淑女的アプローチ」
▶ツヤを補うスカート
黒になじむのは、こんなこっくりとしたチョコブラウン。落ち着いた配色ながら、スカートの光沢とボリューム感でほどよく華やかな理想のバランス。キャメルでトーンはそろいつつ、異素材の小物で抑揚を。
>>使用アイテムはこちら

【GRAY】
黒と白の間をとれるグレー


「ワンツーでも奥行きが出せる」
▶あせたニュアンスのデニム
淡いグレーよりなじみやすい、黒が褪色したような濃いグレーが正解。デニムの素材感やディテールも効いて、ごくシンプルでも退屈しない。
>>使用アイテムはこちら

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company),Yusuke Tanaka(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Alisa Cooperation_BURGERS TOKYO Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED