GISELe

2021/06/05

ファッション業界のプロたちに調査|新しい生活様式で「変わったこと・変わらないこと」

GISELe編集部

オシャレの意識調査

生活様式の変化によって変わったこと、変わらないこと。ファッション、ビューティの世界で活躍するプロたちに、オシャレに関するあらゆる意識を徹底取材。彼女たちがたどり着いた「今」のスタイルとは?
※価格表記のないものはすべて本人私物です。

Q.ファッションに変化はあった?

① YES...70% 

☑SNS・ECでブランドを発掘
・サステイナブルにとり組む海外ブランドが気になります。買うと植樹につながるデモレのバッグはそのデザインにもひとめボレ。インスタで発見後、即購入(小山田さん)
・断然お店で買う派でしたが、おウチ時間によりEC派に転換。Poppy lissimanやSTAUDなど海外ブランドのインスタグラムをよくチェックするようになりました(笹岡さん)

ファストファッション
・GAPのメンズラインは、ウィメンズにはないレトロなロゴや柄が豊富で、ついついECで購入してしまう(渡邉さん)
・ZARAのECは毎週新作が更新されるので、自宅でも新たな服との出会いがあってワクワクする(金子さん)

☑通勤手段に合わせて服も変化

PHOTO by Marie Inaba
・車移動が増え、アウターは地厚な素材から脱ぎ着のしやすいコート手前のカーディガンに。長時間着ても疲れず快適(稲葉さん)


PHOTO by Sari Inoue
・運動不足解消のため、通勤はクロスバイク。なので、ストレッチの効いたデニムパンツなど、動きやすさを重視(井上さん)

☑ストレスフリーなアイテムが定番化
・自宅、外、どちらでも快適に過ごせるアイテムを選ぶようになりました。スエットはもちろんのこと、サーマル素材のワンピースも新たにローテーション入り(佐藤さん)
・リラックス感重視で、カットソーやニットが中心に。やわらかくて着心地のいいものの中で、カラーや柄でキレイに見えるアイテムを手にとることが増えました(佐々木さん)

☑ラクな服こそ細部にこだわる
・スエット好きが高じて自ら製作。ブラウスなど重ね着もしやすいしやすいえり元広め。左胸に小さな白刺しゅうを添えた、カジュアルすぎない一品に(稲葉さん)
・H BEAUTY&YOUTHやAURALEEなど、あまりなかったペールトーンのスエットに着目。黒や白ともコントラストがつきすぎない(樋口さん)

PHOTO by Risa Sasaoka
・ロサンゼルスアパレルのスエットパンツは、すそがややたまるシルエットが好み。白・グレー・ピンクの3色を購入(笹岡さん)
CREDIT: Photography_Yuki Ueda Design_Fuka Okamura(Ma-hGra) Composition&Text_Yuko Igarashi, Shunsuke Takahashi

RECOMMENDED