GISELe

2021/05/16

「週に1度の華やぐ色」|7色それぞれで1週間

GISELe編集部

「色にこだわる1週間」

着たい色はあるけれどなかなか、しっくりくるアイテム選びがうまくいかないという人も多いのではないでしょうか? ここでは着たい・使いたい色より先にコーディネートに「使える色」にもとずいて、割り出されたアイテムを色別にご紹介。赤ならニット、グリーンならシャツ、というように「この色なら・こんなアイテムで」が分かる7つの実例をご紹介。

【実例集】色扱いが上手くなるコーディネート7選

1【DEEP RED】

夏の赤は深い色みのニットがベスト。

明度をおさえた深い色み・色の強さを抜くノースリーブの肌感・やさしく見えるニット素材。さらにはコンパクトなシルエットで夏の赤は「ミニマル」を意識。白ボトムを合わせたコントラスト配色も落ち着いた印象に。


2【LIKE AN ACCESSORY】

小物のように少量づかい。

色の使い方に幅をもたらすのは、やっぱりごくシンプルなカーディガン。これから着る頻度も高くなる白トップスや、ベージュの淡い色はもちろん黒やビターなブラウン、ネイビーなど、暗色の気分転換にも適役。中でもおすすめはクリームイエロー。黒との合わせも白より強弱がつきにくく、ベージュのようにやさしく見えるため、隙のないIラインも親しみやすく。


3【SET UP】

ベーシックカラー全般に合うピンクで。

黒・白・ベージュなど、基本色と調和がとりやすいピンクを投入。選びたいのは鮮やかさを上手く打ち消す、白みとくすみを同時に含ませた色み。さらに印象的な色をやさしく見せる、柔らかな質感がベター。トップスは肌感で色を引き締めるノースリ、下は色をリラックスして見せるロングスカート。単品でのコーディネート力も高い要素を含み、上下一緒に着れば、ロングワンピースのようなセットアップに。


4【ICE COLOR】

涼しげな色で「心地よく・きちんと」

リネン素材と相性がいいのは、色なら水色やミントグリーンなど、アイシーな色。アイテムならシャツ。その両方を組み合わせたミントグリーンのリネンシャツは、スエットパンツなど生地にほどよい厚みのある、リラクシーなボトムとの組み合わせに必要な「ほどよい緊張感」を加えるのにも適役。

CREDIT: Composition&Text_GISELe