GISELe

2021/05/23

何でもこなす多才な白「Tシャツワンピ」「シャツワンピ」

GISELe編集部

「出番の多いTシャツワンピ」

組み合わせや着方次第で異なる雰囲気を楽しめる、カットソー素材のワンピース。見た目のよさに加えて「使える」ポイントもクリアした実力派のシャツワンピース。コーディネートのレパートリーが増える2つの「多才な白」の使い方を着まわしでご紹介。

【着まわし一覧】2つの多才な白ワンピ

【1】
T-SHIRT ONE PIECE
☑ノースリーブのIラインワンピ
こだわりたいのは、そのままでもさまになり、レイヤードしてももたつかない適度な厚みとゆるさ。さらにカットソーでも品よく装える白でも透けにくい厚みや、親しみのわくソフトな風合い。

11,000円/バトナー フォー シップス(シップス 渋谷店)後ろのすそにはスリット入り。すとんと落ちる形&ノースリーブが縦を強調し、気になる膨張感もセーブ。


<PATTERN-1>
クラスアップは小物に託す

ワンピ1枚をエレガントに傾ける耳元のゴールドやチェーンバッグ。小物で多少着飾っても気張って見えないのはカットソーだからこそ。

白ワンピースは着まわし。ゴールドピアス 13,640円、左手中指ゴールドリング 15,400円、右手人さし指ゴールドリング 15,400円/以上SOKO(ZUTTOHOLIC) ベージュキルティングバッグ 8,800円/マドモアゼル ロペ 白サンダル 13,970円/モヒ(ザ ストア バイ シー 代官山店) 淡色まとめでクリーンに。


<PATTERN-2>
スエットの肩がけで立体感

ストール感覚の肉厚なスエットで平坦なシルエットに抑揚が誕生。白にとけ込むピンクを選び、カジュアルな装いにわずかな甘さを。

白ワンピースは着まわし。スエット 37,400円/ATON(ATON AOYAMA) バッグ 17,600円/ミメイコ(ロンハーマン) サンダル 18,700円/キリムアーツ(フラッパーズ) 普遍的な白の受け止め力を味方につければ、かわいいピンクのハードルも下がる。少しカジュアルなサンダルで、配色のフェミニンさを緩和。


<PATTERN-3>
少量の茶色で穏やかに引き締め


モノトーンでまとめるよりやさしげに見えるから、メリハリがあっても心地よさは維持。落ち着いたトーンのボーダーでさりげなく個性も演出。

白ワンピースは着まわし。手に持ったカーデ 11,000円/プラステ 別注レギンス(タンクとセット) 7,590円/nano・universe(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) サングラス 42,900円/プロポ(プロポデザイン) バッグ 42,900円/marmors(MICA & DEAL 恵比寿本店) サンダル 7,590円/RANDA

<PATTERN-4>
ジレを重ねて辛口仕様

ジレでIラインの輪郭を縁どってさらなるスタイルアップを実現。黒×白のコントラストでワンピの女度が下がり、ハンサムに見違え。

白ワンピースは着まわし。黒サイドボタンジレ 7,700円/crie conforto(バロックジャパンリミテッド) レザー巾着バッグ 20,900円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 黒サンダル 26,400円/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店) ノースリどうしなら肌感が残り、重ね着しても暑苦しさはなし。

<PATTERN-5>
凝ったワントーンで変化球

上からルーズなトップスを重ねてスカート風にアレンジ。カットソーにニットやデニムなど、素材の差による微妙な濃淡で、白をアップデート。

白ワンピースは着まわし。白クルーネックトップス 12,100円/LACOSTE(ラコステお客様センター) 腰に巻いたデニムジャケット 19,800円/ファイブ アンド ハーフ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) 白シューズ 20,570円/デ・プレ アクセントにしたデニムのハリが、ほどよい締め役として作用。

CREDIT: Photography_Yuuki Igarashi(TRON・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Jeanne, Alisa Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi