GISELe

2021/09/06

【9月の黒ワンピース】1枚で秋までの着回し5パターン

GISELe編集部

ワンピースくらいは「休ませない」

暑い日・肌寒い日が混在する9月にも重宝する黒ワンピース。羽織りものやスエット、ニットなどを上からかぶせて。あるいは小物から秋へチェンジ。秋までをつないで、秋からも飽きずにアレンジが楽しめる実力の高さを着まわしで実証。


BLACK ONE-PIECE
透けない厚みの「Tシャツ感覚」
➤ボトムを重ねても膨張せず、そでがないから上に重ねてもスマートに装える、カットソー生地のIライン。つまりぎみのネックや透けない厚みがあると、1枚で着たときも安心。

23,100円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店)


DAY.1
【RELAX】

ラフなデニムをのぞかせた
脱力感のある足元で黒を息抜き

緊張を和らげる、さわやかな色みのデニムと、ビーサン的なサンダルの開放感。丈が長いぶん、ストレスフリーな着心地ながら大人っぽさは保てる。小花柄のスカーフで、夏らしくテンション高めに。黒ワンピースは着まわし。デニムパンツ 4,290円/原宿シカゴ 原宿店 ブラウンサンダル 10,890円/A de Vivre 頭に巻いたスカーフ 2,090円/原宿シカゴ 原宿店


DAY.2【CASUAL】

くたっとしたTシャツを重ねて
ワンピのフェミニンさを軽減

動きやすいカットソー地のスカートとしてアレンジ。アクティブな小物選びもムードを助長。黒ワンピースは着まわし。白ビッグTシャツ 16,500円/THE NEWHOUSE(アーク インク) ブラウンサンダル 10,890円/A de Vivre ブラウンバケットハット 7,480円/Ridgewood caps(メイデン・カンパニー) バッグ 25,300円/FILL THE BILL(フィル ザ ビル マーカンタイル 青山)


DAY.3
【ELEGANT】

かっちりとしたベージュ小物が
気品漂う大人の女性を演出

ほっそりとしたパンプスに小ぶりのクラッチ。ワンピも含めてラフな素材ならキレイに徹しても親近感。黒ワンピースは着まわし。ベージュスエードパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa サングラス 5,830円/エキアビド(ブルームーンカンパニー) リング 9,240円/FULL OF GRACE(ZUTTOHOLIC) バッグ 8,800円/Ungrid


DAY.4
【HANDSOME】

ジャケットでおおいつつ
すそから下もシャープを貫き辛口に

ワンピとパンツを黒でつなぎ、すらりとした印象を高めたうえでジャケットとパンプスでキレをプラス。着方自体はまじめでも、ワンピの丈とベージュの気どらなさが助けて適度に脱力。黒ワンピースは着まわし。ベージュリネンジャケット 29,700円/ブティークオーディナリー(ザ・PR) 黒スキニーパンツ 16,500円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ベージュスエードパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa 眼鏡 35,200円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー)


DAY.5
【DRESS UP】

上質なモノトーンでまとめて
カットソー地をクラスアップ

白スカートで華やぎを加算した装いを、黒レザーの重みで格上げ。モノトーンに映えるシルバーが特別感を演出。黒ワンピースは着まわし。白スカート 11,000円/N.O.R.C 黒ブーツ 18,700円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ピアス 16,170円、バングル 36,300円、リング 11,660円/以上PAZ COLLECTIVE(ZUTTOHOLIC) バッグ 6,990円/プラステ

➤夏から秋へ「着転が利く」のは白ブラウス
➤「ひと足早い方がいい」9月にニットがいい理由

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED