GISELe

2021/09/08

【9月からのシャツワンピース】1枚で5つのメリットがある「キレイなカーキ」

GISELe編集部

ワンピースくらいは「休ませない」

秋へ向かう季節、さらりと着ても、レイヤードしても楽しめるシャツワンピースが優秀。合わせやすい渋色を選び、ほどよく季節感をかもしながら着まわすのがカギ。アレンジしながらパターンを増やす、5つの着まわし方をお届け。

 ITEM 
定番の中でマイナーチェンジ
「カーキのシャツワンピース」

27,500円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店)

【SELECT POINT】
☑シンプルな形の鮮度を上げる渋色
☑シャツでも力が抜けるゆったりサイズ
1枚でもレイヤードしてもさまになる、曲線的なシルエット。短め丈&広めに開いたサイドラインが、長そでの重さを軽減。


 STYLING 
シャツワンピで「5つの着方」

STYLE_1
【シルエットにメリハリをつける】

➤スキニーを合わせてボリュームを微調整
シルエットにメリハリをつけてワンピをトップスとして活用し、シンプルな着方にも変化を。腰から下はスレンダーにまとめることで、ゆるめのシャツをスマートな印象に導く。

カーキワンピースは着まわし。黒スキニーパンツ 16,500円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ベージュスエードパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa 眼鏡 31,900円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー) バッグ 52,800円/VASIC(ヴァジックジャパン) 


STYLE_2
【白Tの印象を変える】

➤長そでを活かしてラップスカート風に
一度きちんと着てから上半身をおろし、そでをウエスト位置でひと巻き。ウエスト部分に目がいく立体的なシルエットで、暑さの残る日のシンプルな白T合わせもワザありに。

カーキワンピースは着まわし。白ビッグTシャツ 16,500円/THE NEWHOUSE(アーク インク) ブラウンサンダル 10,890円/A de Vivre バッグ 8,800円/Ungrid 


STYLE_3
【季節に必要な重みを補う】

➤1枚で着る日はアウターやニットを肩がけ
9月にちょうどいい、ジャケット、あるいはニットやスエットの肩がけ。シャツワンピースが軽くなりすぎないうえ、短め丈と相まって目線が上がり、スタイルアップ効果もねらえる。

カーキワンピースは着まわし。ベージュリネンジャケット 29,700円/ブティークオーディナリー(ザ・PR) ベージュスエードパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa サングラス 73,700円/10 eyevan(アイヴァン PR) 

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED