GISELe

2021/09/10

派手じゃないけど華がある「秋向きの柄」ワンピース

GISELe編集部

ワンピースくらいは「休ませない」

総柄ワンピースは秋を予感させる、ブラウンベースの渋めな色み&小さな柄からスタート。コーディネートを整えやすく幅も出る、羽織れるタイプは季節の橋渡し役としても活躍。


 SELECT
【小花柄のカシュクール】

(インナーつき) 14,850円/AKTE

【SELECT POINT】 
☑さりげなく高揚感をもたらす小ぶりな柄
☑秋服にも合わせやすいブラウンベース
☑やさしい印象をつくるテロっとした落ち感



STYLING
【5パターンの使い方実例】

【STYLE_1】
ジャケットで知的に装う

渋い色みならほどよい甘さに
ジャケットできちんと感はそなえつつ、小花柄のかわいげで親しみやすい印象づくりにも成功。品のいいベージュを重ねつつ、服のトーンと合わせた小物で総柄も端正な仕上がりに。

花柄ワンピースは着まわし。ベージュリネンジャケット 29,700円/ブティークオーディナリー(ザ・PR) ブラウンサンダル 10,890円/A de Vivre バッグ(ショルダーストラップつき) 10,900円/バナナ・リパブリック 


STYLE_2
【ガウンのようにはおる】

シンプルな上下の気分転換に
夏の定番だった上下にシックな柄をまとって秋の予感を表現。ラフな装いも柄によって女性らしく着地。ワンピの落ち感&丈の長さがボディラインを隠してくれるのもうれしいポイント。

花柄ワンピースは着まわし。白ビッグTシャツ 16,500円/THE NEWHOUSE(アーク インク) 黒スキニーパンツ 16,500円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ベージュスエードパンプス 27,500円/TSURU by Mariko Oikawa 眼鏡 41,800円/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) 


【STYLE_3】
デニムでカジュアルダウン

あせ色デニムを品よくレトロに
ワンピースのレトロな雰囲気を高めてくれる、デニムのあせた風合い。カシュクールによる切り替えで締まって見えるため、なつかしいテンションでも洗練度は保てる。

花柄ワンピースは着まわし。デニムパンツ 4,290円/原宿シカゴ 原宿店 ブラウンサンダル 10,890円/A de Vivre 


【STYLE_4】
黒小物で甘さを引き算

+モードな黒で総柄もスマートに好転
紳士風のハットにタフなブーツ。わかりやすいモード感で総柄を知的に誘導。脚は隠していても、デコルテがのぞく抜け感によってすっきりとした見た目はキープ。

花柄ワンピースは着まわし。黒ブーツ 18,700円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ハット 17,600円/CA4LA(CA4LA プレスルーム) 


【STYLE_5】
白をINして抜け感を出す

白を覗かせて清楚なイメージに
すそだけでなく、インナーにも白Tをはさんで縦のシルエットを強化。クリーンな印象が強まり、リラックス感がありながらも好感度は高く。秋からの小物は黒よりマイルドで配色の幅が広いブラウンが便利。

花柄ワンピースは着まわし。白ビッグTシャツ 16,500円/THE NEWHOUSE(アーク インク) 白スカート 11,000円/N.O.R.C ブラウンサンダル 10,890円/A de Vivre バッグ 17,600円/ペルケ(アンビリオン)


【READ MORE】

➤9月からは「キレイなカーキ」のシャツワンピース
CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED