GISELe

2021/10/08

そろそろニットのその前に:知っておきたい今年の傾向

GISELe編集部

「ファースト・ニット」

待ちに待ったニット本番の季節はもう目前。素肌を生かせる形や質感、定番アイテムでの更新。まずは知っておきたい今シーズンのニットの傾向をおさえてから、本格的なニット選びのスタートを。


1.LOOSE FORM
【クロシェニットの羽織り】

ストール感覚でクロシェニットを。素肌にひっかけるように、あたたかい質感をルーズにまとう。肌感のある服の上だから成り立つ、ボリュームニットの着くずし方は、秋のはじまりならではの特権。



「軽快なぬくもり」があるクロシェを
ニットカーディガンの新戦力に

立体感のあるかための生地で、キャミワンピースをよりきゃしゃ見せすることに成功。ビッグシルエットでもクロシェ編みの模様で自然と抜けのある面持ちに。
オフ白ニットカーディガン 19,910円/ウォーレン スコット フォー シップス(シップス 渋谷店) ブラウンキャミワンピース 15,950円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) オフ白ソックス 2,090円/JOHA(クオリネスト)





2.CLASSIC
【ニット素材のシャツ】

ニットシャツは今シーズンのニットトピックスの1つ。ビッグシャツを、ぬくもりのある素材に衣がえすれば、デニム+シャツの見慣れた組み合わせも、深みのある風合いでシャツとは違う柔らかさを含んだリッチなムードに。

オーバーサイズのニットシャツなら
Tシャツ+デニム並みに快適

コクのあるブラウンの色みで、知的なイメージをあと押し。編み目がつまった、なめらかな素材感だから、色あせデニムと合わせても上品な印象を維持できる。 ブラウンニット 66,000円/PICEA(エスケーパーズオンライン) デニムパンツ 24,200円/リーバイス® オーソライズド ビンテージ(リーバイ・ストラウス ジャパン) シュシュ 2,200円/rienda(バロックジャパンリミテッド) 眼鏡 36,300円/アヤメ




3.LAYERED
【厚みのあるニットベスト】

1枚ではもちろん重ね着に向く形のニットベストが旬。選ぶポイントは重ね着のバランスが整いやすい、アームホールが広いタイプ。

まずは重ねず1枚で
秋のワンツースタイルを始動

腕を出したことで、ニット×レザースカートのボリューミィな組み合わせも暑苦しさなし。ケーブル編みでドレッシーなスカートもリラックスした面持ちに。 白ニットタンクトップ 33,000円/ADAWAS(ショールーム セッション) 黒エコレザースカート 18,000円/N.O.R.C 黒スリッポン 68,200円/ネオアス(ザ ストア バイシー 代官山店)



CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED