GISELe

2021/11/24

眠りがちな白シャツがまた活躍する「ニットとニットの間」

GISELe編集部

自分的ニットセット

組み替えて着回し!
「ニットとニット」のコーディネート

新たな配色を試したり、着方のアレンジ幅を広げたり。見慣れたニットどうしなら、「やってみたい」を形にするのも簡単。ワードローブでご紹介した、5つのニットONニットのコーディネートを分解して組み換え。強い配色や旬のテイストなど、ニットどうしの組み合わせパターンがますます広がる着回し方をご紹介。


≫着回すニットのワードローブを見る

「ニットどうしの組み合わせが上手くいく」組み合わせに当てはめて選ばれた、着回せるニットのワードローブ。



ーVOL.1ー
【ニットINシャツ&ニットIN】


シャツを仕込んだ端正なレイヤードも
あたたかい質感で挟めば力みなく整う

黒タートルとグレーのビッグニット。シルエットのコントラストによって体を華奢に見せるニットどうしの組み合わせ。その間の余白を生かして白シャツをセット。そのお堅い印象とパリッとした質感が、ソフトなニットにもマッチ。シャツはニットを引き締め、ニットはシャツをやさしく見せるという相互扶助の関係が成立。

【着回したアイテム: F + G】
F:グレーニット 32,000円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) G:黒タートルリブニット 17,600円/FLOML

中に着た白シャツ 20,900円/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿1) 白パンツ 7,920円/SeaRoomlynn バッグ 36,300円/MODERN WEAVING(エスケーパーズオンライン) パンプス 31,900円/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ ジャイアール名古屋タカシマヤ店)


≫【65パターン】秋から冬・真冬の着回しを見る

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED