スタイリスト推しはふつうのニット「ただしそでは長い方がいい」その理由

秋冬アイテムをひととおり見た、スタイリストたち。彼女たちのアンテナに引っ掛かった、新たなトレンドは?


【関連記事】
≫スタイリストが「気にする色」秋からのトレンドカラーは?


ヒントはコーディネートルームで拾った
「スタイリストの言葉」

「あいまいな色だからいい」「質感があるからいい」など。コーディネートを組んでいる作業場で繰り広げられるよく聞く言葉の真意とは? あらためて一言一言の理由を聞いてみると、プロならではの目のつけどころが見えてきた。


THE LONGER, THE BETTER!
「コンパクトなニットのそでは長い方がいい」

黒ハイネックニット 17,600円/nagonstans ベージュタートルネックニット 37,400円/チノ(モールド)

1枚でも重ねても絵になる=着まわし力があるから

「使い勝手の良さ、ごくシンプルという魅力。だけど合わせるボトムによってはやや地味…という場合、合わせるボトムに工夫が必要な、定番色のコンパクトなニット。そでが長いと手の甲に引っかけたり、手首にたるませてニュアンスをつくれるので、テクいらずでシャレて見えるという利点が」(スタイリスト・高木千智さん)


GOOD IDEA!
「そでの長さ」をアレンジできる注目のアームウォーマー

「多彩な色やデザインが出ている旬のアームウォーマー。ニット企画で鮮やかなピンクを、グレーシャツの下に仕込んで使いました。ニットだと、ときにそでの長さがうっとうしく感じることがありますが、取りはずし可能なのでその心配もなし。カラフルな色にも挑戦しやすいと思います」(スタイリスト・渡邉恵子さん)



≫【全5選】新着のニットアイテムとコーディネートをもっと見る