「ピンクをオシャレに着る方法」甘さと上手く付き合える「かわいいよりもカッコいい」コーディネート実例集

全ての画像を見る


ガーリーになりすぎない「大人のピンクの使い方」


もはや定番化してきたピンクは、パステルに限らず今季は鮮やかな色も挑戦しがいがある。モノトーンと合わせたり、ハンサムな形でとり込んだり。「甘い色ほど辛く・カッコよく着る」ことを意識すると、かわいさがちょうどよく落ち着いて照れずに装える。



シックな配色を和ませる足元のワンポイント

共布サスペンダーつき黒ワイドパンツ 39,600円/ENFÖLD グレーボディースーツ 2,990円/ZARA(ザラ カスタマーサービス) イヤリング 17,600円、〈右手〉ゴールドワイドリング 22,000円、〈左手〉ダブルフープリング 22,000円/以上ete バッグ 8,580円/BATTLEL AKE OUTDOORS(メイデン・カンパニー) パンプス 22,000円/メゾンスペシャル(メゾンスペシャル 青山店) ソックス/スタイリスト私物 


サスペンダーからつながるセンタープレスが、縦長の印象やきちんと感を上乗せ。ボトムの存在感をよりアピールできる、ベーシックな薄手のトップス。パンプスを淡いピンクに塗り替えて、端正な装いにひかえめなかわいさをひとさじ。



ジャケットの力みを抜く「大きめの淡ピンク」

ピンクシャツ 26,400円/ティッカ(アルアバイル) ベージュジャケット 19,800円、ベージュスカート 13,750円/ともにアンクリード(ロコンド) スニーカー 14,300円/Reebok


シルエットに余白のある大きめのパステルピンクがフォーマルなセットアップをほどよく脱力。シャツの品のいいイメージを口実に、えりを立ててすそをハーフIN。カジュアルな着方でくずすくらいが硬派な組み合わせをレディすぎずハンサムすぎないちょうどよさに仕上げる秘訣。



ピンクはルーズに、白はすっきり

エクリュサテンワイドパンツ 26,400円/グラフペーパー(グラフペーパー 東京)ピンクTシャツ 2,2 44円/ユナイテッドアスレ(キャブ) バッグ 14,014円/スタンドオイル(ムシンサ グローバル ストア) シューズ 6,590円/ZARA(ザラ カスタマーサービス)


上はロンT+肩掛けバッグでラフに、下はサテンパンツと先細シューズでエレガントに。一見単純な組み合わせでも上下でテイストを分けるだけで、淡い色特有の糖度や膨張感、手抜き見えなど、ピンクと白にまつわる多くの悩みを解決できるワザありコーディネート。



キレイめパンツ風にチノパン

ピンクチノパンツ 47,300円/ベッド&ブレックファスト(グリードインターナショナル トウキョウストア) 白×黒チェックプルオーバー 121,000円/AKIRANAKA(ハルミ ショールーム) ピンク眼鏡 62,700円/グッチ(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス) ピンクソックス 770円/靴下屋(タビオ) ピンクバッグ 28,600円/ハイ(ル タロン 有楽町マルイ店) パンプス 33,000円/トニー ビアンコ(アダム エ ロペ) 旬のワイドめなフォルム。


キレのあるジャケットにスラックスだとかたすぎる。クラシカルなスタイルをほんのり色づくピンクとチノのカジュアルな風合いでやさしげに。



トラッドに華を添えるサテンのようなピンク

ピンクシャツ 47,300円/カミング オブ エイジ(ロク アオヤマ) サスペンダーつきグレーパンツ 35,200円/ロエフ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) バッグ 50,600円/リタロウ(エディット フォー ルル) スニーカー 6,380円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 


いつもの白シャツをピンクに更新することで、サスペンダーつきの渋いパンツを合わせても自然と女性らしく仕上がる。光沢をそなえた素材で、さらに上品な印象を底上げ。


スラックス風のデニムパンツ

ジャケット 69,300円/ebure(ebure GINZA SIX店) カーキベロアカットソー 16,500円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ピンクデニムパンツ 21,890円/uncrave WHITE(uncrave) ゴールドチョーカー 23,320円/エムシー・スタジオ(ZUTTOHOLIC) バッグ 28,600円/アーカイブエプク(UTS PR) ローファー 10,500円/チャールズ&キース(CHARLES & KEITH JAPAN) 


セミワイドなシルエットのピンクデニムは、カジュアルな素材なのにセンタープレスで直線的な脚線を強調。ジャケットをほどよくくずしながら、カジュアルになりすぎない、オフィスにも向くスタイリングに。足元はソックス合わせが春の気分。



白を装って薄づきのピンクに

黒ワッフルロングスカート 33,000円/アストラット(アストラット 新宿店) ピンクロンT 2,310円/ユナイテッドアスレ(キャブ) ゴールドネックレス 25,740円/SOKO(ZUTTOHOLIC) 黒レザートートバッグ 16,500円/ペタ アンド ジェイン(ジャック・オブ・オール トレーズ プレスルーム) 黒スクエアトゥショートブーツ 27,500円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)


 

タイトなニットスカートにかぶせるように合わせた、薄めのピンクロンT。スカートに加えてバッグとブーツもレザーでそろえれば、コーディネートの力が抜けすぎずキレがあるのに女っぽいルックスに。



甘く転ばせないワイドなデニム

ボーイッシュなビッグサイズのシルエットを選ぶと甘さが和らぎ、パステルカラーもカジュアルにとり入れられる。足りない気品はゴールドチェーンのミニバッグやシルバーのパンプスなど小物でとり入れれば、ゆるめの装いにも浮かない。



幼く見えないオーバーサイズのきちんとシャツ

ビッグシャツのボリュームで全体にまとまりを生むから、淡く軽やかな装いも引き締まる。メンズ風のサンダルに合わせたピンクのソックスが面積の少ないコーディネートに深みをもたらすアクセントに。



端正なシルエットでカラーパンツ

いつものキレイめスタイルを色だけ塗り替えるように、ピンクのセンタープレスパンツに白みたいに使える淡いベージュのジャケットをON。柔和なムードながら、カラーパンツのおかげでシンプルに終わらないスタイリングに。



ペールピンクをカジュアルに引き戻す「赤の足元」

オールシーズン使える紺と赤という品のいい配色と、デニムとスニーカーという力みのない組み合わせ。 足元に赤があるだけで、ガーリーな組み合わせがぐっとシャープに引き締まる大人っぽい仕上がり。



いつもの黒と重ねて特別感のあるピンクレザー

レザーでピンクを選べば、かわいさに転ばず、むしろ迫力が増す結果に。張り切りすぎず、なんてことない黒と合わせて落ち着かせれば気張って見えないのに華があるスタイルに。



メンズっぽいアイテムだけでALLピンク

やや勇気のいるピンクデニムも、ワントーンなら失敗しない。淡いALLピンクをメリハリづける、濃いボーダー。ぼんやりした印象になりがちなくびれのない淡色スタイルも、柄が入ることで簡単に引き締まる。



コンパクトにまとめてかわいさを中和

甘さのあるピンクTも無骨なワークパンツもINすれば、糖度を抑えてクールに装える。オーバーすぎず、タイトすぎないバランスにまとめて、やさしい配色と凝ったパンツとの真逆のテイストがつりあう、ちょうどいい仕上がりに。



クラッシュデニムとつりあうよう着方も適当に

あえてえりを中途半端に立てたり、そでをまくったり、フロントのみタックインした着方で、ほどよく立体的に。ラフに着たシャツが、ダメージデニムとマッチし、「かわいい色なのにカッコいい」バランスが実現。



ノーカラージャケットとストレートパンツで切れ味よく

見た目にもやわらかなリネンのベージュジャケットをノーカラーでスマートに。下は力の抜ける淡めのピンクをキリっと正すスラックス。色のイメージとは真逆のフォルムで、肩ひじ張らないキレイめスタイルを構築。



ミニマルなパンツと合わせてクリーンに

リネン100%ながら適度な緊張感を得られるシックなデザイン。かさっとしたリネンの風合いとピンク色のシャツで、正統派な組み合わせをコンサバ以上に導く遊びを加算。



シックなダークグレーが甘さを引き算

ショート丈+ハイウエストなら即、脚長に。色味をほどよく抑えた大人に向くピンクとダークグレーのコントラスト配色でさらにメリハリを。足元の黒ローファーできちんと感を助長。



ボリュームを生かした着方で洒脱なムードに

光沢のある縦落ちスカートで、かわいいピンクを着てもレディな雰囲気に。そでをまくったり、すそをウエストに引っかけたり。着方でビッグシルエットのボリュームをきわ立てるとメンズ感が増し、ピンク+キュプラ地もほどよい甘さに。



ゆるいサイズ感で甘さを緩和

白やベージュの延長で着られる薄づきのピンクはそれ自体も合わせるボトムもゆるっとしたシルエットで選ぶ。男の子のようなだぼっと感が色みのかわいさをルーズに傾け、ハンサムな雰囲気に。



シャーベットカラーで甘く寄せてメンスカジュアル

トーンをそろえた薄いブルーデニムを合わせてやさしい配色を意識すれば、甘さとラフさがバランスよく共存し、大人でも気負わず試せる愛嬌漂うムードに。古着のようなダメージ感とワイドシルエットも抜けづくりに一役。



ピンクの次は赤をおさらい!
【全15選をもっと見る】≫
オシャレな人は「赤が上手い」シンプルなコーディネートに似合う「シンプルな赤の使い方」