攻略法は? 「これなら着やすい」透けるトップスの上手な扱い方

全ての画像を見る


重ねて着るだけで、簡単にムードを変えられる「透ける服」。トップスから羽織りアイテム、また透けるトップスにぴったり似合うインナーまで、オシャレが上手くなる「日常に浮かない」透ける服の扱い方をご紹介。



透けるトップス「これなら着やすい」選び方・使い方

重ねることでむしろ軽さを生む、透け感のあるトップスは、今季のトレンドアイテム。クルーネックの普遍的なニットの形でとり込めば、レイヤードしても難なくまとまる。



Tシャツのように着られて「Tシャツも見違える」

暑苦しくなくもの足りなさを補えるシアー素材のトップスで、重ね着スタイルを春へと移行。たとえば、手抜きに見えがちなルーズな装いに重ねてみると、着心地はラクなまま、高感度な見た目へ誘導できる。

ブラウンメッシュトップス 19,800円/PHEENY ロゴロンT 19,800円、キャップ 7,480円/ともにシー(エスストア) 肩にかけたパーカ 11,000円/シリーズ オブ チョイス 黒スカート 37,400円/BEIGE,(オンワード樫山 お客様相談室) シルバーリング 38,500円/サンズ サンズ(RHC ロンハーマン) スニーカー 6,380円/コンバース(コンバース インフォメーションセンター)




デニムに添える「同系色の小花柄」

黒デニムパンツ 38,500円/ゲミニー(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 黒シアーブラウス 27,500円/ロエフ( ユナイテッドアローズ 原宿本店) 黒バッグ 12,650円/DIMINUTIVO(デ・プレ) 黒シューズ 37,400円/FABIO RUSCON(I ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店) インナー/スタイリスト私物


あえて一色を貫くことで、透けの気恥ずかしさもデニムのカジュアル度もなじませる作戦。同色にひそませたキャッチーな花柄で、センシュアルさにブレーキを。小物まで黒でまとめても、異なる質感を意識すれば、春にも重すぎないメリハリの効いた仕上がりに。




透ける素材と秋冬の素材の好ミックス

黒シアーカットソー 9,900円/JOSE MOON 黒コーデュロイサロペット 49,500円/SACRA(インターリブ) サングラス 62,920円/Oliver Peoples(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) サンダル 9,900円/rienda(バロックジャパンリミテッド) インナー/スタイリスト私物


ゆるくてもルーズに見えない、胸下あたりからなだらかに広がっていく美しいシルエット。肌が透けて見える、軽いトップスとは反対に、コーデュロイやデニム、チノやライトウールなど、ボトムは重めな素材感が好バランス。




きちんと感を生むショート丈

ベージュシアーカーディガン 42,900円/unfil キャンディのようにカラフルな天然石のボタンで、シアーカーディガンを愛らしく。コンパクトなフォルムならキレイめに着地。




シンプルな黒ニットがわりに

黒シアートップス 27,500円/ゲミニー(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 透過性のある素材でもフラットに見えるのは暗色だから。長めのそででインナーとしても優秀。




甘くならない辛口なカーキに近い色

ベージュメッシュトップス 20,900円/イン(ショールーム リンクス) 部分的なステッチやそでのパッチワークなど、メンズっぽいディテールがメッシュトップスを辛口に転換。




肌なじみのいいオレンジベージュ

オレンジベージュシアートップス 23,100円/unfil 身幅もそで幅もゆったりしているため、肉厚なトップスの上に重ねやすい。甘さが漂う色でセンシュアルな素材を身近に。




透明感のある白チュール

チュールシアートップス 8,800円/Ungrid どんなトップスにもレイヤードしやすい、プルオーバーかつ短め丈。余裕のあるサイズ感で、カットソーも中にレイヤードできる。ところどころの切り替えもポイント。




一気にムードを変えられるロング丈

黒チュールワンピース 12,650円/レイビームス(レイ ビームス 新宿) ワンピやデニムに重ねることで手軽にイメージチェンジ。ベースが黒ならフェミニンに転ばず、キレイな方向で着られる。




ほどよく透けるゆったりシルエット

透かし編みルーズニット 9,900円/Ungrid  人気のオーバーサイズを例年よりも小さめにサイジング。非常に軽く着心地のいい1枚。ゆったりとヒップまで隠れるサイズなので、体型も自然とカバーしてくれる。




使いやすい透けるグレーのローゲージ

プルオーバーニット 20,900円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼットルミネ新宿店) ざっくり編み地が表情豊かなコットンプルオーバーニット。軽い着心地、タックインアウトがどちらもしやすい丈感。




透ける素材でモヘア混

モヘアニットカーディガン 6,050円/コーエン アウターのかわりとしてはもちろん、ボタンをとめてトップスとしてもグッドバランス。シアー感を生かしてキャミソールやタンクトップに合わせてヘルシーに。




トップス的にも使える「アイボリーシャツブルゾン」

アイボリーシャツブルゾン 53,900円/ロンハーマン 落ち感のあるとろみ素材で、シャツのように薄くて透け感のある軽いレーヨンで、ストレスフリーな着心地。インナーとして着てももたつかず、アウターとして羽織っても重厚感が出ない。すそはコードでアレンジ可能。持ち歩きにも最適。




透け感のあるロンTで気分転換

ロングTシャツ 19,800円/デ・プレ 「ワイドボトムにメリハリをつけられるシースルーのロンTが気になっています。そでをくしゅっとまくれば、きゃしゃ感が生まれて女性らしさがきわ立つところに惹かれました」(スタイリスト・出口奈津子さん)




胸元がキレイに見えて着まわしも効く

白シアーショート丈トップス 9,350円/JOSE MOON 「七分そでと開いた胸元のUネックがいいバランス。今シーズンは白Tも少し透け感のあるものが気分です。デニムやワークパンツなどラフなボトムとシンプルに合わせてカッコよく着こなしたい」(スタイリスト・岩田槙子さん)




夏も活躍する「透ける素材」を加えたアウター

ゆるさ・軽さがありながらも、きちんとした印象に仕上げたいときに。今シーズンは透ける素材を採用した、涼しく着られるジャケットやジレ、ブルゾンにもご注目を。



黒1色のコーディネートにもメリハリがついてバランスアップ

黒シアーカーディガンコート 52,800円/スタンブリー(ヒューエルミュージアム) トップス 20,900円/サクラ(インターリブ) スリットパンツ 27,500円/hLM(ヒューエルミュージアム) ファーつきビットシューズ 27,500円/カミナンド(グラビテート)


トレンチコートのデザインをベースに素材を力の抜けるシアーにスイッチ。コートを着ていてもレイヤードやセンシュアルな肌見せを楽しめる。上から羽織ってもボリュームが出ないから、細身のワンツーを邪魔せずスレンダーな見た目をキープ。




前を閉めるとトップス風の透けるブルゾン

白シアーブルゾン 29,700円/Nave(NAVE) 中に着たタンクトップ 7,700円/CaRouseLamBRa(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) デニム 30,800円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店)


光沢のあるシアー素材のブルゾン。スリーブや肩回りからほんのりと肌が透けるだけで、ブルゾン+デニムというラフな組み合わせもエレガントに映る。前を締めるとトップス風に着られるコンパクトなシルエット。上まできっちり締めてすましてみても、エアリーな素材なら暑苦しさなく装える。




そでだけ透けるブルゾン

リネンパンツ 20,000円/バナナ・リパブリック シアーブルゾン 64,900円/スタンブリー(ヒューエルミュージアム)中に着たキャミソール 9,350円/マイカ アンド ディール(MICA & DEAL 恵比寿店) サンダル 35,200円/YOAK(UTSPR)


リネン素材のパンツにシアースリーブの黒ブルゾンを合わせ、重たい色合わせでも軽やかにまとまる仕上がりに。ブルゾンをパンツにタックインしてトップス風に。




「インナー」はどうする?

透ける服との組み合わせや、インナーコンシャスな装い、首元がゆるく開いたトップスや、羽織りアイテムと合わせたいものまで。インナーとしてだけでなく1枚でも着られる、優秀な名品をスタイリストたちに聞き込み。



肌あたりに惚れた竹製のキャミ

黒キャミソール/テイクス(Shinzone ルミネ新宿店) 「竹を加工した布を使っていて、肌ざわりがやわらかくとにかく気持ちいい。さらっとしているので、夏場も快適に使えそうです」(船戸唯さん・スタイリスト)




いやみのないストレートライン

キャミソール 10,450円/ロエフ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) 「胸元のつまったものを選ぶと、ヘルシーな印象をキープできます。黒に近いネイビーの発色とつるんとした生地に品も漂う」(渡邉恵子さん・スタイリスト)




カジュアルすぎない繊細なテレコリブ

ベージュパッドつきタンクトップ 8,800円/MICA & DEAL(MICA & DEAL 恵比寿店) 「高ストレッチのリブ素材でストレスフリーな着心地。細めのショルダー幅で上品な印象をかもせる。内側のアンダーバスト部分にゴムが配され、タンク形でもしっかりホールド」(岩田槙子さん・スタイリスト)




「見えてもいい」アジャスターでホールド力を強化

黒カップつきバックオープンキャミソール 6,853円/KenTe 「深く開いた背中にアジャスターを搭載。バックオープンデザインにありがちなフィット感の心もとなさを払拭できる、機能的な設計。コットン100%のやわらかなフライス生地を使用し、肌あたりも良好」(出口奈津子さん・スタイリスト)




端正なムードのダークネイビー

ネイビーボディスーツ 26,400円/BACCA(ビー エディション ニュウマン新宿店) 「すっきりとしたハイレグぎみのシルエット。厚手でざらっとしたナチュラルな風合いで、デニムのようなカジュアルボトムとも相愛。品のいい色みだから洗練された雰囲気をつくれる」(渡邉恵子さん・スタイリスト)