スタイリストがすぐ手にとった「ワンピースよりも着回せる」自由度の高いスリーピース

全ての画像を見る


GISELe誌面で毎号さまざまな着こなしのアイディアや組み合わせを提案しているスタイリストたちが、季節をまたいで活躍するアイテムを徹底セレクト。移ろう気温にも柔軟に対応できる「今買って損なし!」なアイテムとは?



【1】仕立てのよい「スリーピースのセットアップ」

セットでも単品でも使えるから長い期間活躍


メンズのテーラーリングをオマージュしたジャケットに同素材のベスト、パンツの3ピース。セットで着ればきちんと感を出せるうえ、単品でもシーンに応じてアイディアフルに着こなせる。


スタイリスト・渡邉恵子さん
「きちんとしたスタイルからカジュアルまで、幅広く着こなせるアイテムを念頭にセレクトしました。シーズンレスな要素も強く、暖かくなってからのスタイリングも容易にイメージできそうです。」(渡邉さん)



チャコールグレージャケット 60,500円、チャコールグレーベスト 40,700円、チャコールグレーテーパードトラウザーパンツ 39,600円/以上ENFÖLD ウール100%の上質な素材。



「ジャケットのゆるさを生かしてフーディをイン」

オーバーぎみなシルエットをメタリックシューズで引き締め

チャコールグレージャケット、チャコールグレーテーパードトラウザーパンツは着まわし。 アイボリースエットパーカ 5,445円/ユナイテッドアスレ(キャブ) シルバー眼鏡 55,220円/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) 茶バッグ 121,000円/ebagos(マルティニーク ルミネ横浜) シルバーフラットシューズ 15,950円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)


ジャケットのサイズ感に合わせてパーカもゆるめをチョイスし、まじめなセットアップでリラックス感を表現。グレーの上下となじみよくつながる先細のシルバーシューズは、ずるっとした見た目を整えるのに一役。



「トップス感覚のベストで品よく涼し気に

たっぷりとしたフレアがクラシカルなグレーを親しみやすく

チャコールグレーベストは着まわし。 オフ白ロータリースカート 132,000円/カオス(カオス丸の内) ベージュニットバケットバッグ 8,590円/ZARA(ザラ カスタマーサービス) アイボリーフラットシューズ 14,960円/A de Vivre


コンパクトな仕立てのベスト。薄いグレーだと肌なじみがいいうえ、ウエストを後ろのベルトでしぼることができ、スタイルアップも同時に実現。フロントの大きめな白ボタンがスカートやシューズとカラーリンクしてすっきりした印象に。



「淡いピンクで重厚なグレーを軽やかに」

ピンクストライプシャツでかっちりしたパンツに愛嬌を

チャコールグレーテーパードトラウザーパンツは着まわし。 白×ピンクストライプシャツ 7,700円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン) 手に持った白ニットジャケット 86,900円/ギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) 黒ベルト 19,800円/MAISON BOINET(マルティニーク ルミネ横浜) 黒バッグ 28,380円/モルミルス(プレインピープル青山) 黒ポインテッドトゥショートブーツ 27,500円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 


太ももまわりのハリ感が気にならず、すらりとした脚線を演出するカーヴィーシルエット。きちんと感のあるストライプシャツやショートブーツも淡ピンクやピンヒールで選べば、かたくるしさのないマニッシュな雰囲気へ昇華。



AND MORE!
くたっとした風合いに進化した「スリーピース」

黒リネンテーラードジャケット 35,200円、黒リネンベスト 17,600円、黒リネンワイドパンツ 26,400円/以上Jilky 


「紳士のきちっとした姿を想起するスリーピースをリネンで。かたすぎず、くだけすぎない見た目や温度調整も容易な素材の特徴を生かした、かゆいところに手が届くセットアップ。着方次第で一年通しての活躍が見込めます。」(スタイリスト・樋口かほりさん)



カーデ風ジャケットとともにミニマルに

ショートジャケット 39,600円、中に着たビスチェ 19,800円、ワイドパンツ 39,600円/以上ロク(ロク アオヤマ) 眼鏡 41,030円/MIU MIU(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) スニーカー 6,380円/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)


セットで着てスニーカーでハズす、あるいはパンプスでドレスアップするなど、足元次第で簡単に印象を変えれるのもメリットのひとつ。素材感はカジュアルに、デザインや色はフォーマルなものをセレクト。かさっとした、ドライな質感で大人っぽさも残せるハリのあるコットン素材。


シーンレスで着られて、ワンピースやロングスカート、ハイウエストやルーズなボトムに好相性な、ショート丈のジャケット。肌感を生かしたレイヤードに好都合なビスチェ。そして股上をやや深めにとった、ハイウエストのワイドシルエットのパンツは穿き心地の良さと、スタイルUPを同時にかなえてくれる。単品使用でもそれぞれ、使える幅が広いから着回しにも重宝。



【2】ウール以外でこれもいい「いろんな素材のセットアップ」


シャツやデニム、ポリエステルなど。スーツライクなウール素材以外にもある多様な素材のセットアップ。気温が上がるこれからを見据えて、スタイリングがラクなうえに過ごしやすい、都合のいいセットをお届け。



「シャリ感のあるシャツ素材」で薄軽く

シャツジャケット 39,600円、パンツ 31,900円/ともにギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) 中に着た黒タートルネックトップス 10,450円/LENO(グッドスタンディング) バッグ 51,700円/VASIC(ヴァジックジャパン) 靴下 1,210円/靴下屋(タビオ) シューズ 17,930円/A de Vivre


裏地がないライトな着用感で、トップス的にまとえる。ジャケット&パンツともに身ごろがあるため力が抜けた印象に。黒のタートルネックやローファーなど、硬派な小物で引き締めてもちぐはぐに見えないのは、スクエアのシャープな形がベースだから。



上も下も短い「ハリのあるナイロン素材」

黒コーチジャケット 38,500円、黒スカート 25,300円/ともにHARDY NOIR(アルディー ノアール/スピック&スパン ルミネ有楽町店) イヤリング 7,560円/アビステ リング 30,800円/リューク バッグ 53,900円/VASIC(ヴァジックジャパン) 中に着た黒Tシャツ/スタイリスト私物


カジュアルなアイテムをどちらもコンパクトなサイズで選ぶことで、ルーズに見せずおさまりのいいシルエットに。スポーティなナイロン素材なら、脚見せもドレッシーにならず気楽に楽しめる。ミニでもあえて女らしく装わず、軽快な雰囲気でカジュアルダウン。



上は短く下は長い「どう着てもスタイルよく見えるデニム」

インディゴショートデニムジャケット 48,400円、インディゴデニムパンツ 37,400円/ともにネイル(エストネーショングランフロント大阪店) 白シャツ 49,500円/ファソン ジャクマ(アダム エ ロペ) クリアバッグ 36,300円/ラリンギ(ロク アオヤマ) パンプス 53,900円/PELLICO(ebure GINZA SIX店)


潔く短くしたジャケットと、ハイウエストかつ股下を深くとったパンツのセット。ソフトで、わずかに光沢感もあるノンウォッシュ仕様の素材感。濃紺かつワイドすぎない幅感だから、カジュアル感を抑えて着られるのもうれしいポイント。丈やフォルムは新鮮だけど、ディティールはクセがなくシンプルだから、キレイにも使いやすい。



「ビッグジャケット・ワイドパンツ」でやわらかいポリエステル

黒デザインワイドジャケット 39,600円、黒ワイドパンツ 19,800円/ともにステュディオス(ステュディオス カスタマーサポート) 黒レザーバッグ 9,900円/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 神宮前店) 黒ロングブーツ 71,500円/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店) ピンクリブニット 14,300円/アダム エ ロペ イヤリング 6,300円/アビステ


まじめな黒ジャケットとパンツの「シルエット」をオーバーサイズに変更。フロントボタンの位置を通常より上にデザインすることで目線が上がり、ロングジャケットにありがちな胴長に見せない仕掛け。股上を深めにとったハイウエストのワイドパンツは穿き心地も楽でスタイル良く見える設計。ポリエステル100%の圧倒的な軽さが特徴。



気張って見えない「カットオフ仕様のリネン」

ノースリジャケット 50,600円、スカート 37,400円/ともにソブ(フィルム) 



「ジャケットは丈が短く、切りっぱなしのノースリ仕様。リネン風のやわらかな生地だから、上下で着てもゆるいムードを残せる。ロンTなどのリラクシーなインナーが合わせやすく、さっと着られてきちんと感も出てくれるのがいい」(スタイリスト・出口奈津子さん)



「丈は短く・飾りは甘く」スウェット素材

ショート丈スウェット 18,480円、ハーフレギンス 14,080円/ともにロザリームーン(ロザリー)


「ゆるっとしたサイジングで着ることも多いスウェットですが、これは思い切りのいいショート丈。このくらいの短さが案外ぶかっとしたトップスや幅広ボトムのメリハリづけに使える。とりはずせるリボンでスタイルに合わせて印象が操作できるのもうれしいポイント。」(スタイリスト・船戸唯さん)



【全43選をもっと見る】
耳もとに「1つだけで目にとまる」シンプルな服に似合う「目立ちすぎない」アクセサリー