「白を上手く着る」30コーディネート実例集

全ての画像を見る

意識せずとも、スタイリングの一部にある白。そんな「まとめ上手な色」扱いの基本にしたい30のテクニック。

DAY 1


「カーデ感覚で柔らかなジャケット」

くたっとした質感で、緊張感なくはおれる白のジャケット。ソフトな色と風合いだから、ゆるく長いワンピースやデニムをきちんと見せつつ、力みのない面持ちに。肩掛けでよりリラックス。

DAY 2

「ボトムを白でサンドする」
すべて気楽な服で完結する日。トップス&靴の白のリンクで統一感を生み、ボトムがデニムやチノのくだけたものでも背筋が伸びた印象に。白だから辛口に傾きすぎない。

DAY 3

「黒と肌が透ける白」
ラフになりがちな夏の装いをシックに仕上げる、ワンピースやとろみパンツの重厚感のある黒。落ち着きを維持しつつ軽さも生む、ざっくり編みの白ニットと合わせるのが好相性。

DAY 4

「渋みを緩和するクリーンな白」
紺ブレやブラウンパンツなどクラシカルな服装には、真っ白なインナーを仕込む。おかげで季節感に似合うさわやかな面持ちへと刷新。小物で光沢をそえて女性らしさも意識。

DAY 5

「夏こそ甘い白の試しどき」
デニムにハーフパンツと、メンズライクなボトムの出番が増えるシーズン。ボリュームスリーブやフリルデザインも、自然と適度な甘さにおさまる。

DAY 6

「ハズしに紳士なハーフパンツ」
白×タック入りのハンサムなハーフパンツは、まじめな服の程よいハズしに適役。+ローファーでダッドなボトムラインを作れば、Tシャツでも幼く見えない。

DAY 7

「色や柄ボトムと長い白」
目を引く鮮やかな色や柄ボトム+白ワンピース。ボトムのインパクトが強いものは、あえて白も凝ったデザインを合わせると視線も分散し、奥行きも加わる。