着ている服に「似合うカチューシャ」:仕上がりに差が出る選び方

全ての画像を見る

つけるだけでさまになるカチューシャは、トップスとの相性ありきで選んで、スタイリングにもいい効果を呼び込みたい。ねらうべきは、「つけるだけ」の手軽さに頼った「すぎないドレスアップ」。往年のルックやバックナンバーをヒントに、「こなれて見えて、手が届く」をかなえるアレンジをご紹介します。




1.対比するからいい

甘めな服と辛口レザーのカチューシャ

フェミニンな白ブラウスに、あえて「タフなレザー」という対照的なイメージの組み合わせ。互いの持ち味がきわ立つ甘辛ルックが品よく仕上がるのは、カチューシャというクラシックなアイテムの効能がゆえ。

LEATHER
レザーカチューシャ 16,500円/フミエタナカ(ドール) ブラウンならレザーもハードに見えず温和。

2.1つ加えるだけで

スエットが手抜きに見えない

ラフなトップスの顔に手を加えるなら、カチューシャが気楽に身につけられるものどうしで好相性。合わせやすいシックな色や細身のものなら落ち着きもそなわり、かき上げた前髪をまとめるだけでもきちんと感。

SIMPLE
〈左〉カチューシャ 4,730円+税/ジェニファー オーレット(THE HAIR BAR TOKYO) 〈右〉焦げ茶カチューシャ 6,050円/IRIS 47(フーブス) ラフなトップスでも浮かずになじむ。

3.文句なしに合う

ドットと赤と黒の組み合わせ

かわいげのある赤にお似合いな、ポップなニュアンスをもたらすドット。ほどよいキッチュさをワンポイント加えつつ、シックな黒で締め、シンプルなコーディネートにささやかなレトロ気分をかもし出す。


4.似たものどうし

ふわふわした白とベロア

ともするとはかなげにぼやけてしまいそうな、繊細な毛足の白ニットには、ニュアンスの近いベロアの起毛感の黒を合わせてやわらかい雰囲気をキープ。フェミニンながら、モノトーンの落ち着いた気品が漂う。

VELOUR
黒ベロアカチューシャ 1,400円/COLONY 2139 立体感のある形が髪にボリュームを加算。