GISELe

2019/04/12

スタンドカラー、オープンカラー…etc. 「シャツのえり」はひかえめ気分

GISELe編集部

力まずとも1枚で整う | 「シャツのえり」はひかえめ気分

スタンドカラーやオープンカラーシャツなど、肩の力を抜いて着られる「えり元ひかえめ」なシャツが盛りだくさん。デコルテも美しく見せる、えり元の抜け感を意識したシルエットの「語れる」シャツを厳選してお届けします。


NO.01
「細身パンツと合わせたくなる」


えり元ひかえめシャツの代表・スタンドカラー。ピンストライプのロング丈というオーセンティックなタイプをチョイス。

ブルーストライプスタンドカラーシャツ 13,000円+税/P.P(ROSE BUD 新宿店) 白ワンウォッシュデニムパンツ 15,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) 眼鏡 32,000円+税/propo(プロポデザイン)


NO.02
「シャツでセンシュアルに」


なめらかなテクスチャーの絵になる1枚。リラクシーなパジャマシャツも、シルクという素材によってドレス感あるたたずまいに。

キャメルウォッシャブルシルクパジャマシャツ 21,000円+税/エミリーウィーク 白ピンタックパンツ 26,000円+税/ロンハーマン(ロンハーマン) シルバーネックレス 12,000円+税/フィリップオーディベール(スローブイエナ自由が丘店)


NO.03
「ホワイトシャツの新しい定義」


やさしさのあるホワイトシャツは色彩あふれる季節によく似合う。ボタンを1つはずし、メイクで色を添えるくらいの感覚で。

白バックデザインボリュームブラウス 9,000円+税/Ungrid スターピアス 12,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル銀座三越)


NO.04
「なつかしさが逆に今っぽい」


ハイウエストのデニムと合わせた、キッチュなドット柄シャツもモノトーンでデイリーに引き寄せ。なつかしさを逆手にとり、春を謳歌したい。

ドットシャツ 3,590円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン) センタープレススリットデニムパンツ 11,000円+税/リ・ダン(スローブイエナ自由が丘店)

CREDIT: Photography_Kyosuke Azuma(tokyojork) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Yoko Hirakawa(mod's hair) Model_Fanni Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Taori Akiyama

RECOMMENDED