GISELe

2019/06/03

使える! あらゆるボトムに合う便利なトップス「ハイスリットのワンピース」

GISELe編集部

「ハイスリット」からのぞかせる正解

ボトムの形も色&柄も。デニムのように、あらゆるものを受け止めてくれる便利なトップス=「ハイスリット」のワンピース。デイリーで使えるカットソー&リブニットをピックアップし、洗練されたスタイリングに落とし込んでくれる、名バイプレイヤーとの組み合わせを伝授!


Type001
Cut & Sewn T-shirt

ベーシックなTシャツ素材のワンピを今季はハイスリットタイプにチェンジ。サイドが大きく開いているだけでボトムとのバランスがとりやすく、スタイリングのバリエーションが広がる。


How to choose?
□キレイな色にもなじみ、淡色のほどよい締めになるブラウン系が便利
□どんなボトムも受け入れる涼しげなコットンリネン素材
□ひざ下15〜20cm丈であれば、レイヤードの幅が広がる

ブラウンコットンリネンワンピース 18,000円+税/SACRA(ナノ・ユニバースカスタマーサービス)


+ Short Pants
「軽やかにショートパンツ」
ともするとハードルの高いショートパンツも、ハイスリットと組み合わせることで体型をカバー。新鮮さと抜け感を生み出して。

ブラウンコットンリネンワンピース 18,000円+税/SACRA(ナノ・ユニバースカスタマーサービス) ベージュショートパンツ15,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーンルミネ新宿店) 白ボディバッグ 43,000円+税/KARA(ブランドニュース) イエロースクエアトゥパンプス 41,000円+税/LOQ(GALERIEVIE丸の内店)


+ Stripe Pants
「ストライプで Iラインを強調」
Iラインのニュアンスを高めるストライプパンツ。リーンの二乗で予想以上のスタイルアップをはかれるうえに、奥行きさえもかもし出す。

ワンピースは着まわし。グリーンストライプパンツ 4,590円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン) 白トングサンダル 42,000円+税/ジル・サンダーネイビー(ロンハーマン)


+ White Denim Pants
「あえてのコントラスト」
日差しに負けないくらい主張のあるテラコッタ系のブラウンに、クリーンなホワイトデニムをかけ合わせて。清潔感のある趣を楽しみたい。

ワンピースは着まわし。白デニムパンツ 34,000円+税/リダン(ロンハーマン) ブラウンサングラス 37,000円+税/LOWERCASE(GALERIE VIE丸の内店) 白ラウンドかごショルダーバッグ 5,990円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン) ブラウンコンチョサンダル 19,000円+税/PIPPICHIC(ナノ・ユニバースカスタマーサービス)


+ Check Long Skirt
「シックな甘さを奏でる」
あくまでモードでいたいから。ピンクチェックのスカートは見せる分量を調整して、甘さをそぎ落とすのが大人のベストな選択。

ワンピースは着まわし。ベージュシャツ 29,000円+税/フランク&アイリーン(サザビーリーグ) ピンクチェックスカート 26,000円+税/フレームワーク(フレームワークルミネ新宿店) 黒眼鏡 990円+税/GU ベージュかごバッグ 28,000円+税/センシスタジオ(ebure) 白Vカットフラットシューズ 33,000円+税/ジル・サンダーネイビー(RHCロンハーマン)


+ Red Long Skirt
「色の効かせどころを変える」
赤いスカートは1枚ではくよりもハイスリットになじませて。重心を低めにすることで、自然と脚長に見えるという、うれしい効果も。

ワンピースは着まわし。赤ティアードスカート 14,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOONルミネ新宿) ブラウンボディバッグ 28,000円+税/ロペエターナル(ロペエターナルアトレ恵比寿西館店) 白クリアサンダル 7,000円+税/GALERIE VIE(GALERIE VIE 丸の内店)


+ Rib Leggings
「鉄板のワンツーにスリットで変化を」
ワンピース+レギンスもサイドスリットのニュアンスを追加して見た目も新たに。涼感のあるホワイトならば、濃い色のトップスからのぞかせることで細見えも期待できる。

ワンピースは着まわし。オフホワイトオールドコットンテレコレギンスパンツ 9,000円+税/アダムエロペ(アダムエロペ) クリアビーズトートバッグ 10,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s代官山店) ブラウンラウンドヒールクリアサンダル 12,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿)

CREDIT: Photography_Yumi Hosomi(go relax E more) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Alisa Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Taori Akiyama